社会福祉法人 信愛会

現在位置:ホーム » 施設・事業所案内 » きんかん小規模多機能ホーム » 管理者あいさつ

管理者あいさつ

きんかん小規模多機能ホーム
管理者兼介護支援専門員 黒木 淳

『介護サービスを提供する者として』

 

 高齢者介護の仕事に初めて就いてから12年が経過しました。当初勤務していた特別養護老人ホーム裕生園には色んな利用者の方々がいらっしゃいました。時には叩かれたり、摘ままれたり、まるで兄弟げんかのような…。でも、振り返ると楽しかったことしか思い出しません。利用者の生活をどう支えていくことが出来るかを職員や家族と考え、実践して、結果を得て、利用者の笑顔につながると、本当に嬉しいものでした。

 小規模多機能ホーム『きんかん』へ勤務して思うのは、利用者といっぱい遊びたいな話したいなと思うのです。いっぱい遊んで、バカ話をして「あ~楽しかった」と言って帰って頂けたら最高じゃないでしょうか。楽しくなければ、来たくないだろうし、魅力のない施設と言えるのではないでしょうか。

 『きんかん』では、毎日レクリエーションを企画して、ドライブやゲーム、脳トレなどに参加していただいています。いつでも笑い声が聞こえてきます。

 私たち介護者が望む生活は、安全で、安心な生活をと考えがちですが、本来はもっとシンプルな“楽しい生活”が求められているのではないでしょうか。一人ひとり性格が違うように、楽しさの感じ方も違うので、それぞれに応じた楽しみ・楽しさを提供することの難しさに悩むことがありますが、利用者の皆様が楽しんで頂けたらいいなと考えています。

 現在は、いろんな種類の介護サービスが提供されています。“自宅にいつまでも居たい”とほとんどの方は思われると思います。その希望を現実化していけるように、ご家族、医療、地域との連携を図りながら、利用者を見守りながら支えていきたいと思います。

きんかん小規模多機能ホームお問い合わせ

きんかん多機能ホームのご案内

信愛会の施設・事業所ご案内

このページのトップへ