社会福祉法人 信愛会

現在位置:ホーム » 5月 2020

2020年5月年

初夏
投稿日:2020-05-21 施設名:裕生園ブログ

5月1日には八十八夜、暦の上では5月5日は立夏と、日々の生活の中でも初夏を感じるような暑さや、梅雨ではないかなと思うようなムシムシするような事が多くなってきました。皆様はいかがお過ごしでしょうか。新型コロナウイルスの影響で、不要不急の外出の自粛で何かと不便を感じている方も多いと思います。私は、大掃除ではなく、小掃除を休みの時にやっているところです。

施設では、ご利用者様に季節を感じる事が出来るようにと、4月には花祭り、5月には野点の行事を行いました。中々、この状況で外に出られる事が少なく、施設でのお誕生会では行事食として、こいのぼり型の押し寿司を提供したところ、笑顔でお寿司を食べていらっしゃいました。その笑顔で、私達職員も元気を頂いて頑張っている毎日です。

  A☆3104

 

辰元圭子副理事長への瑞宝双光章伝達式が行われました
投稿日:2020-05-21 施設名:信愛会からのお知らせ

令和2年5月21日(木)、社会福祉法人信愛会特別養護老人ホーム裕生園の副理事長室において、辰元圭子副理事長への瑞宝(ずいほう)双光章の伝達式が行われました。
この日、宮崎県福祉保健部次長と福祉保健課総務担当職員が来園し、辰元副理事長へ賞状と勲章を伝達されました。

辰元副理事長の受章は去る4月29日に発表されていたもので、本来であれば皇居にて天皇陛下に拝謁を賜ることになっていたのですが、

新型コロナウィルスの影響で、今回は拝謁式が中止となりました。

辰元副理事長は平成12年にも藍綬褒章を受章していて、このたびの叙勲はそれからちょうど20年振りのことです。

信愛会にとっても喜ばしいことで、福祉関係者、介護関係者にとっても大きな励みになる受章だったと思います。

伝達式後の歓談の際には、やはり話題はコロナウィルスの件で、現在宮崎は落ち着いていますが、第2波、第3波が秋、冬に来るのではないかとの懸念が話題に上がりました。

施設にウィルスが入ってクラスター化した場合の対応策について県も検討していて、近日中に社会福祉の各種別協議会との話し合いを行うことになっているとのことです。

大変な時期での受章となりましたが、ウィルスは私達の都合にはお構いなし、ということを改めて痛感させられる機会となりました。

いずれにしましても、辰元圭子副理事長の受章、本当におめでとうございます。

瑞宝双光章の伝達授与式(裕生園にて)

瑞宝双光章の賞状と勲章

瑞宝双光章。中央は小さな鏡がはめ込まれているように見えました

勲章を入れるケース。独特の字体で書かれてあります

ふれあい通信令和2年5月号をアップしました(みやづるデイ)
投稿日:2020-05-01 施設名:デイサービスからのお知らせ

みやづるデイサービスセンターの「ふれあい通信」2020年5月号をアップしました。

外でのカフェの様子や散歩週間の様子が掲載されています。

下の“☆ふれあい通信・R2. 5月号”をクリックしてください。

 

☆ふれあい通信・ R2.5月号

 

 

 

1 / 11

アーカイブ

このページのトップへ