社会福祉法人 信愛会

現在位置:ホーム » 11月 2018

2018年11月年

11月20日は、毎月恒例の昼食作りを行いました!(たちばな)

今月のメニューは、すき焼き・チンゲン菜の白和え・スイートポテトと画像には、載っていませんがカブの漬物を利用者様・職員と協力して作りました。なんとメニューに使用した野菜はグループホームで育てた野菜で白菜・水菜・チンゲン菜・カブ・さつまいもと5種類の野菜を育てました。

 

ある一人の元気な利用者様が毎日、お世話をして下さり、実際に調理した野菜は凄く美味しかったです。すき焼きもお肉が柔く味がしっかりとついていて食べやすく、スイートポテトは、食材の甘味がしっかりと出ていて凄く美味しかったです。

 

来月もどんな昼食作りを行うのか楽しみです、機会があればブログでも紹介をしたいと思います。<og>

消火訓練をしました

平成30年11月28日(水)、裕生園、シャトル、たちばなの職員は消火訓練を行いました。

シャトル新館のホールで業者からの説明を聞き、その後は実際に消火器や屋内散水栓を使って実地訓練をしました。

散水栓は思いのほか水圧が強く、しっかり握っておかないといけないことを再確認しました。

その他、警報機に関する注意事項なども業者から説明を受けました。

ホールで業者からの説明を聞く

消火器とその使い方の説明

屋内散水栓とその使い方の説明

今回は水消火器を使っての訓練でした

散水栓を実際に使っての訓練

感染症対策研修を行いました(たちばな)
投稿日:2018-11-27 施設名:たちばなからのお知らせ

平成30年11月26日(月)、グループームたちばなでは11月の定例会を行い、その中で、感染症対策研修として嘔吐物処理のシミュレーション研修を行いました。

11月も終わりに近づき、インフルエンザやノロウィルスに警戒すべき時期になって来ました。

そこで、嘔吐物処理のシミュレーション研修を行って、嘔吐があった場合の処理の仕方を確認しました。

初動に失敗してノロウィルスが蔓延した苦い経験があります。

それ以来、毎年このようにしてシミュレーション研修をして、手袋、ガウン、次亜塩素酸ナトリウム液等の使い方の手順を確認するようにしています。

定例研修会で嘔吐物処理のシミュレーション研修を行いました

次亜塩素酸ナトリウム液を含んだ布を嘔吐物にゆっくりかぶせるシーン

交替しながら練習しました

5施設対抗ミニバレー大会が行われました
投稿日:2018-11-25 施設名:信愛会ブログ, 裕生園ブログ

平成30年11月24日(土)、宮崎市高岡町の天ヶ城体育館において、近隣の特別養護老人ホームとその関連施設の職員が参加して、レクリェーションと施設職員交流を兼ねたミニバレー大会が行われました。

13回目となったこの大会。今年はやすらぎの里、芳生苑、皇寿園、めぐみの里、裕生園の5施設、8チームが参加しました。

最初は寒さもあってか、少し動きが硬かったように見えましたが、試合が進行するにつれて好プレー珍プレーが続出し、歓声と笑い声が絶えませんでした。

決勝は皇寿園とめぐみの里との間で行われ、皇寿園が見事2連覇を果たしました。

けがをする人もなく、またお互いの意外な面も見えて、少々疲れましたが、有意義な半日を過ごすことができました。

来年もまた元気にお会いしましょう!

5施設8チームが高岡町の天ヶ城体育館に集まりました。まずは準備体操

試合の進行につれて段々熱が入って来て、好プレー珍プレーが続出しました

 

皇寿園が見事2連覇達成。信愛会の辰元副理事長より賞状と記念品が贈られました

喀痰吸引の研修をしました
投稿日:2018-11-14 施設名:信愛会からのお知らせ

平成30年11月13日(火)午後7時から、ケアハウスシャトル新館ホールにて、特養裕生園、ケアハウスシャトル、グループホームたちばな、小規模多機能ホームきんかん、たかおか居宅介護支援事業所の職員が喀痰吸引の研修を行いました。
県社協が主催している喀痰吸引研修に参加している職員の復命も兼ねて、等身大の人形を使ってシミュレーションを行いました。
医療行為である喀痰吸引を介護職員が業務として行うためには、一定の研修を受講することが必要であり、認定を受けて県に登録することになっています。
毎年、特養の職員を中心に何名かずつ、所定の研修を受講し認定を受けていますが、その他の職員たちも今後関わってくることになるため、毎年、このように全体研修を行って、喀痰吸引の概要、注意点等を勉強しています。

喀痰吸引について園内研修を行いました。認定指導者による概要説明です

等身大の人形を使って、手順に沿ってシミュレーションを行いました

多くの職員が真剣に参加しました

月下美人が咲きました(シャトル)
投稿日:2018-11-09 施設名:シャトルブログ

平成30年11月9日(金)午後10時。
シャトルの男性利用者さんが館内で育てている月下美人が美しい花を咲かせました。
月下美人はサボテン科の花で、一年に一回、しかも一晩しか咲かないと言われている花です。
夕方から咲き始め、翌朝にはしぼんでしまう。
今晩、幸運にもその花開いた姿を写真に収めることができました。
どういう訳があって、一晩しか咲かないのでしょうね。
昔からいろいろな物語りが語り継がれてきたようです。

一晩しか花開かないと言われている月下美人

育てたシャトルの利用者さんも「初めて見た」と言ってました

コスモス満開!西都原公園に遠足に行きました(たちばな)
投稿日:2018-11-09 施設名:たちばなからのお知らせ, たちばなブログ

平成30年10月29日(月)、グループホームたちばなのご利用者さん達は西都市の西都原公園に遠足に行きました。
この日は少し暑いくらいの秋晴れで、西都原公園のコスモスはちょうど満開の時期を迎えていました。
ここ2年くらいはタイミングが合わず、なかなか満開のコスモスを見ることが出来なかったのですが、今年は素晴らしい景色に出会えました。
ご利用者のご家族にも呼びかけていたので、ご都合のつくご家族も一緒に遠足を楽しみました。
ご家族の中には、「久しぶりに西都原に来た。こういう機会がなかったら来んもんなぁ」と言われる方もいらっしゃいました。
トラックで机とイスを施設から運んで、コスモスをバックに青空の下でお弁当を食べました。
最後にみんなで記念撮影をして高岡に帰りました。
今度は桜の頃、また西都原公園に来たいと思います。

秋晴れの西都原公園。コスモスがちょうど満開です

青い空の下、どこまでも綺麗なコスモスが続いていました

コスモスをバックに青空の下でお弁当を食べました

外で食べるお弁当はやっぱりおいしいですね!

コスモス畑の中を散策しました。満面の笑みのYさん

時期外れの桜の花。台風で葉が落ち、暖かくなって春と勘違いしたのだろうとのこと

最後に記念撮影

たちばなでの介護アロマセラピーの記事が『きらッコノート』で紹介されました
投稿日:2018-11-01 施設名:信愛会ブログ

このたび、全国の介護職員向けの総合情報サイトの一つ『きらッコノート』の特集記事の中で、このブログに以前掲載した介護アロマセラピーの記事が紹介されました。

この『きらッコノート』は、全国の介護職員への応援サイトで、仕事の記事はもちろん、グルメや映画、恋愛など、介護に携わる人が興味関心を持ちそうな記事が掲載されていて、またそうした記事への案内サイトにもなっています。

今回、「高齢者のQOLの向上に役立ちそう☆介護施設で取り組みたいセラピー特集!」という特集の中で、私達のブログの記事が紹介されたのでした。

↓下をクリックしてみてください。

https://job.kiracare.jp/note/article/5681/ 

私達も今回の件で初めて『きらッコノート』のことを知ったのでしたが、このような全国規模の介護職員向けの応援サイトがあることを知って、急に、全国に仲間が出来たみたいで、とても心強く、頼もしく感じました。

『きらッコノート』さん、私達の記事の紹介、ありがとうございました。

介護職への応援、これからもよろしくお願いします。

 

1 / 11

アーカイブ

このページのトップへ