社会福祉法人 信愛会

現在位置:ホーム » 7月 2018

2018年7月年

ふれあい通信平成30年8月号をアップしました(みやづるデイ)
投稿日:2018-07-31 施設名:デイサービスからのお知らせ

みやづるデイサービスセンターの「ふれあい通信」2018年8月号をアップしました。

七夕で作成した短冊や職員によるAED講習の様子など、デイサービスセンターでの活動が掲載されています。

下の“☆ふれあい通信・8月号”をクリックしてください。

 

☆ふれあい通信・8月号

 

 

 

 

もうすぐ夏まつり(^^♪
投稿日:2018-07-31 施設名:裕生園ブログ

猛暑の日が続いていますが、皆さんいかがお過ごしですか。豪雨被害に遭われた各県市町村方々とその中でも特に被害が大きかった広島県、岡山県、愛媛県の県民の方々にお見舞い申し上げます。平穏な日が一日でも早く戻れるようにと願っています。

裕生園の施設行事で生け花がありました。先生の指導を頂きながら、利用者の方々が熱心に生け花に取り組まれていました。行事後には水分補給をしっかり摂り、熱中症予防を行っています。

第100回全国高校野球選手権記念宮崎大会決勝戦では日南学園が甲子園の切符を手に入れました。日南学園野球部員の皆さん、万全の体調で臨んで下さい。

辰元グループでは8月11日(土)山の日に夏祭りが開催されます。余興や抽選会に花火の打ち上げもあります。準備が着々と進んでいるところです。

下の写真は、生け花の様子や利用者の方々とアサガオを折り紙で作りました。夏祭りのポスターは、たくさん種類のある中の一枚です。








 

                                        A☆3104

 

綾町の『遊季』に外食に行きました(シャトル)

平成30年7月26(木)、27日(金)の両日、ケアハウスシャトルの利用者さん達は綾町の『遊季』へ外食に出かけました。

宮崎市高岡町と綾町の町境の山と緑に囲まれた一軒家のお食事処で、シャトルから車で10分ほどのところにあります。

1日10食限定の特製ランチをみんなでいただきました。

どのお料理もとても丁寧に作られていて、大変おいしかったです。

お刺身は特においしく、マスターにお聞きしたら、今朝日南で獲れたてのものを持って来てもらったとのことでした。

施設からとても近いところに、気軽に行けるおいしいお店があるのは大変ありがたいです。

長距離のドライブは無理だという利用者さんも、これだけ近いので、久しぶりの外食を楽しむことができました。

これからもいろいろなお店に出かけていきたいと思います。

高岡と綾町との境にある『遊季』。山と緑に囲まれた一軒家です

『遊季』の意味は“季節を遊ぶ”ということで、季節季節の旬のものを楽しむという意味が込められているとのこと

店内は小規模で、私達でほぼ一杯になりました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1日10食限定の“プレミアムランチ”。どのお料理もおいしかったです

民家風のお食事処で、ゆったりした時間を楽しむことができました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

玄関でポーズ。また来たいですね

 

そうめん流し大会をしました(たちばな)
投稿日:2018-07-23 施設名:たちばなからのお知らせ, たちばなブログ

平成30年7月22日(日)、グループホームたちばなでは、ご利用者、ご家族、職員でそうめん流し大会をしました。

多目的ホールのナナホールにそうめん流しのセットを組み立て、みんなでそうめんをおいしくいただきました。

この日は朝早くからご家族も準備段階から参加され、女性陣はおにぎりや酢の物作り、男性陣はナナホールでそうめん流しの台の設置を手伝って下さいました。

ご家族の中に建築関係の方がおられ、その方の指示のもと、例年よりもきれいな勾配のそうめん流し台が出来上がり、そのためそうめんもスムーズに流れていました。

大人数で活気があり、利用者さん達も食欲が出て、用意したそうめんが足りなくなるのでは、と心配するぐらいみなさんの食が進みました。

食事が一段落したところで、今度はスイカ割りをしました。

ご利用者とご家族数名が目隠しをしてスイカ割りに挑戦しました。

まわりからのバラバラの誘導で、なかなか割れなかったスイカも、ご利用者Mさんの見事な一太刀で割れた時には拍手喝采でした。

味も大変良かったです。

この日は雨がパラパラ降っていたのですが、ナナホール館内で行ったため、天気の心配も要りませんでした。また、エアコンもありがたかったです。

そうめん流し用の竹は、ネットで購入したプラスティックパイプを昨年から使っています。竹の様な塗装がしてあり、事前事後の消毒も簡単なので便利です。

ご利用者、ご家族、職員でそうめん流し大会を行いました

ご家族の指示のもと、きれいな勾配のセットが出来上がり、そうめんもスムーズに流れていました

いつもと違った雰囲気の中、食が進みました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご家族のご協力もあり、とてもにぎやかな楽しいそうめん流し大会となりました

そうめん流しの後は、ご利用者、ご家族が交替でスイカ割りに挑戦

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

利用者Mさんが見事スイカを割った時にはまわりの観客から拍手喝采でした

 

W杯にて広がる「ゴミ拾い」

連日盛り上がりをみせるサッカーW杯ロシア大会。

残念ながら日本代表はベスト16で敗退となり、初のベスト8

とはなりませんでした。ですが、前評判を覆す快進撃で決勝トーナメント

へ進出したこと、優勝候補のベルギーに2-3と大健闘したことは素晴らしく、大きな拍手を送りたいと思います!

実はもう一つ大きな拍手をおくるべき出来事があったので、今日はそれを

ご紹介したいと思います。

グループリーグ第2戦、激戦の末2-2で引き分けた日本vsセネガルの試合後でのことです。いつも通り日本のサポーターはゴミ袋を片手にゴミ拾い。

おなじみの光景ですが、この日はなんとセネガルサポーターもゴミ拾いをして

いました。

マスコミがセネガルサポーターにインタビューをしたところ、

日本のサポーターが第1戦のコロンビア戦後にゴミ拾いをしていた動画を

見て感銘を受け、「自分たちも手伝おう!」と思い立ったとのことです。

日本人にとっては見慣れた光景ですが、海外の方がそれを見て実践してくれた

ということに私はとても感動しました。日本人の美徳として知られてきたゴミ拾いが、

ただ単に報道され、称賛されるだけでなく、他国の方が実践してくれるという広がりを

みせた今大会。この事実に大きな拍手を送りたいと思います。(ホース)

 

ケーキバイキングで笑顔(たちばな)

「おしゃれなカフェで利用者の方々にケーキセットを食べて頂き喜んでもらいたい」と職員より意見が出て、ネット等で検索しました。しかし、利用者が26+職員数となると厳しい為、ホーム周りで、おしゃれにテーブルクロスし、テーブルの周りを花で飾り、職員はかわいいエプロンを身に付け店員になりきり『外カフェ』をすることにしました。

ところが、予定当日悪天候で結局ユニット毎に館内でケーキを食べました。お店に並んでいる全種類を買い、あえてケーキと飲み物は統一せず多くの種類の中から、一人ひとりに選んでもらいました。

利用者の方々は目を輝かせ思い思いのケーキを選んで「美味しい」「美味しい」と笑顔で食べられていました。選ぶ幸せを感じていらっしゃるようでした。

次回は外カフェで喜んでもらいたいと思います。                             (Rose

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見て下さい!!この幸せそうな笑顔❤ スィーツは皆さん大好きなので、月末にはパフェ作りを予定しています。

1 / 11

アーカイブ

このページのトップへ