社会福祉法人 信愛会

現在位置:ホーム » 12月 2014

2014年12月年

お正月用のお花が準備できました
投稿日:2014-12-30 施設名:裕生園ブログ

平成26年も残りあとわずかですね。お正月を迎える準備で、皆さんお忙しいことと思います。

裕生園でも、先週25日(木)に、いつも利用者の生花指導に来て下さっている原旭水先生が、裕生園の玄関ホールにお正月用のお花を生けてくださいました。

 

玄関ホールにあるため、適度な冷気があり、そのためでしょうか、お花の寿命が長いです

 

今年もいろいろありがとうございました。来年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

年の締めくくりに・・・
投稿日:2014-12-26 施設名:裕生園ブログ

朝も夜も一段と冷え込んできましたね(>。<)

裕生園では今年最後の行事、“餅つき”が行われました!

ホールに用意したのは杵と臼。2つを囲むように入居者の皆さんが集まりました。

アツアツのもち米が出てくると、始めに職員がつき始めます。簡単そうだと思って挑むと、杵が重く、思い通りにつくことが出来ません(笑)職員同士の息も合わせないとなかなかうまくいかず、杵同士がぶつかってしまうことも・・・(ノДT)

その反面、入居者の皆さんはやっぱり手馴れていますね!普段とは違う、活気のある入居者の皆さんを見ることが出来ました。

りっぱなお餅が出来た後はお待ちかねのあん餅を頂きました(^○^)皆さんのおいしそうに食べている表情は、今年一番の笑顔のように思いましたよ!

入居者の皆さんのご協力を得て、年越しの準備が整いました。ありがとうございました\(^▽^)/

気が付けば今年も残りわずかとなり、忙しい毎日をお過ごしかと思います。皆さん、体調に気をつけていきましょう!   (麻)

 

 

 

 

 

餅つき大会が行われました
投稿日:2014-12-26 施設名:裕生園からのお知らせ

平成26年12月26日(金)、裕生園ホールにおいて餅つき大会が行われました。
昔ながらの杵と臼で、「よいしょ、よいしょ」の掛け声とともに、まずは職員がつき、その後、利用者のみなさんも一緒にもちをつきました。
ご利用者の中には、職員の手助けなしに、独力で杵を扱われる方もいて、さすが「昔とった杵づか」でした。
もちをついた後は、厨房でたべやすく作った特製のおもちをみなさんでお召し上がりになりました。 いよいよお正月が近づいて来るという実感がわいて来ました。

 

利用者も一緒にもちつきです

ご利用者の中には、独力で杵を扱われる方もいらっしゃいました。まさに「昔とった杵づか」

クリスマス会が行われました
投稿日:2014-12-24 施設名:信愛会からのお知らせ

平成26年12月24日(水)、裕生園ホールにおいて特養裕生園、ケアハウスシャトル、グループホームたちばな合同のクリスマス会が行われました。地元の老人クラブ“さんさんクラブ”の皆さんもお招きしてのクリスマス会でした。

余興の方はオカリナフレンズの皆さんによるクリスマスソングメドレーや明洋会(あきひろかい)の皆さんによる踊り、職員による寸劇があり、その後はおいしいクリスマスの行事食、そして最後にサンタクロースが登場して利用者の皆さんそれぞれにプレゼントが配られました。

今年も残すところあとわずか。あさっては餅つき大会も行われます。来年がみなさんにとって良いお年でありますように。

 

オカリナフレンズの皆さん。柔らかいオカリナの音色が印象的でした

明洋会による踊り。利用者の皆さんは熱心に鑑賞していました

 

職員による寸劇。セールスマンが施設に妙なゲーム機を売り込みに来たという設定の寸劇でした

 

 

 

 

総合防災訓練(消火訓練)
投稿日:2014-12-22 施設名:裕生園ブログ

最近めっきり寒くなりましたね。この時期になってくると風邪はもちろんのこと、インフルエンザや嘔吐下痢症などの感染性の病気にも注意しなくてはなりませんね。皆さん手洗い・うがいをしっかりしてくださいね。

そして空気も乾燥して火災なども起きやすい季節です。火の元には十分注意しましょう。信愛会では年に2回総合防災訓練を実施しています。今回は11月に裕生園・シャトル・たちばな合同で消火訓練を行いました。その時の様子をちょっと紹介したいと思います。

実際に火をつけ、本物の消火器を使用して訓練を行います。

 

事務員も参加して豪快に消火しています。

毎月行っている避難訓練と違って実際に火をつけ消火器や水を使うと臨場感のある有意義な訓練ができました。

使わないに越したことのない消火器ですが使ったことのない方は下の動画で使い方をマスターされては?

<310>

https://www.youtube.com/watch?v=7rzJ9RCNZIY

全国ふれあい短歌大会の佳作に入選しました。
投稿日:2014-12-12 施設名:みんなのブログ, シャトルブログ

この度、シャトルの利用者の方(103歳の女性)が、『平成26年度 心豊かに歌う 全国ふれあい短歌大会』の佳作に選ばれ表彰状を頂きました。また、『2014 老いて歌おう』の中にも、短歌が掲載されました。               (摩人 デブー)

めりーくりすます。
投稿日:2014-12-08 施設名:たちばなブログ

12月に入り急に寒さが増し、何かとあわただしい年の瀬を迎えましたがみなさんはいかがお過ごしでしょうか?

インフルエンザの感染が一部の地方で確認されていますので、これから外出する際には手洗いうがい・マスク着用などを心掛けていきたいと思います><

 

さて、グループホームたちばなでは12月に入りクリスマスの雰囲気作りの為に様々な飾り付けを行いました!!

今回はその飾りの一部を紹介していきたいと思います^^ノ

 

まずは何といってもこれ!『☆クリスマスツリー☆』です^O^ノ
  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つぎに『玄関&ホールの装飾』です^O^ノ
  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この他にも柱や壁に細かい飾りをしていますのでたちばなにお越しの際は見ていただけたらと思います><

 

 

 

(今年もガンバリマス!!)

(まーさん)

今年もはじけた辰元グループ忘年会!
投稿日:2014-12-08 施設名:信愛会ブログ

平成26年12月6日(土)午後6時30分から、辰元グループ敷地内の「ナナホール」で、辰元グループ職員による忘年会が開催されました。300名を超える職員が集まり、劇やコント、カラオケ等を互いに披露して楽しくにぎやかな時間を過ごしました。

施設・病院ごとに出し物をするのですが、日常の業務が忙しく、また勤務時間も交替制のため、合同の練習時間を確保するのに苦労します。それでもそれぞれに工夫をして、毎年この忘年会に臨みます。この忘年会で、普段あまり顔を合わせることのない他の職域の職員を知ることにもなりますし、既に知っている職員の意外な側面を見て認識を新たにすることもあります。

忘年会が終わり、いよいよ年末モードに入って来ました。年末年始忙しいですが、事故のないよう、また感染症に気を付けて乗り切って行きましょう!

パチンコ店でのコント

体当たりの演技に観客もどうしてよいかわかりません!

見た人たちが夢にうなされなかったか心配です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

良いお年を!

「裕生園だより」第44号(H26年11月号)をアップしました
投稿日:2014-12-02 施設名:裕生園からのお知らせ

「裕生園だより」第44号(H26年11月号)をアップしました。さんまバーベキューや高岡小学校6年生による施設訪問等の記事が掲載されています。

←左の欄の「裕生園だより」をクリックしてください。

平成26年(11月号)
投稿日:2014-12-02 施設名:26年度裕生園だより

 平成26年11月

福島県への応援派遣を母校で報告
投稿日:2014-12-02 施設名:裕生園からのお知らせ

裕生園介護職員の柳恒平君は、平成26年10月29日から11月17日まで、東日本大震災で被災した福島県相双(そうそう)地域の特別養護老人ホームに応援要員として派遣されたのですが、12月1日、その体験を自分の母校の宮崎保健福祉専門学校で報告発表しました。

この福島県への応援派遣事業は、全国社会福祉法人経営者協議会が主催しているもので、宮崎県社会福祉法人経営者協議会からの要請に対して、私達信愛会も賛同し、裕生園の介護職員に希望調査したところ、柳君が応募し今回の派遣となりました。

この応援派遣について、柳君の母校である宮崎保健福祉専門学校の先生にお話ししたところ、学校側から是非、柳君に学生達の前で体験報告をしてもらいたいとの依頼があり、12月1日、宮崎市清武町の学校内で、介護福祉科の学生を集めて報告会が開催されました。

皆さん熱心に聴講し、質疑応答も活発に行われたとのことでした。

報告会が終わって裕生園に戻ってきた柳君はさすがに疲れた様子でしたが、福島への応援派遣及び母校での報告発表という務めを果たし、ほっと肩の荷が下りたという感じでした。

本当にお疲れ様でした。福島への応援派遣も母校での報告発表も、どちらも大変貴重な経験になったことと思います。

母校の学生さん達に報告発表する柳君

派遣先の施設のこと、被害状況など、質疑応答も活発に行われました

約90分間の報告発表と質疑応答でした

1 / 11

アーカイブ

このページのトップへ