社会福祉法人 信愛会

現在位置:ホーム » 8月 2014

2014年8月年

平成26年8月号
投稿日:2014-08-29 施設名:26年度裕生園だより

平成26年8月

今年の甲子園優勝は大阪桐蔭でした。
投稿日:2014-08-29 施設名:裕生園ブログ

   2014年 第96回全国高校野球選手権大会の優勝校はどこでしょう?という事で施設で予想してみました。今年はベスト8が揃った時点で各居室(花の名前)のご利用者の方々に担当職員が聞き取りを行いました。テレビの前で孫やひ孫と同世代の高校球児に「がんばれ!」と声援を送っておられました。決勝戦では大阪代表の大阪桐蔭・三重県代表の三重高校・1点差という素晴らし戦いでした。施設で大阪桐蔭と予想された方が13名いらっしゃいました。施設から景品を贈りました。今年の宮崎県代表の日南学園は惜しくも負けてしまいましたが来年こそは宮崎に深紅の優勝旗を期待したいですね!   (A3104)

 

宮崎県老サ協県央ブロック防災研修会が行われました
投稿日:2014-08-28 施設名:裕生園からのお知らせ

平成26年8月27日(水)、宮崎市の宮崎観光ホテルにて宮崎県老人福祉サービス協議会県央ブロック防災研修会が行われました。県央ブロック内の16の特別養護老人ホームから21名が参加しました。

今回のテーマは「災害時相互応援体制の構築に向けて」。

昨年6月に県社協が音頭を取り、「宮崎県社会福祉施設等災害時相互応援協定」が取りまとめられました。そこで今回の研修は、この協定について理解を深め、具体的な運用の仕方をシミュレーションを通して身につけようという目的で開催されました。

県の危機管理課からの行政説明、県社協による相互応援協定の概要説明のあと、参加者はグループワークを行い、大規模な地震発生の想定のもと初動から相互応援要請にいたる一連の流れを確認しました。その作業を通して、抽象的な理解にとどまっていたものが、より具体的なイメージとなり、新たな疑問点の掘り出しや良いアイデアの提案へとつながりました。また、施設間及び施設と県社協との間の相互理解も深まったようでした。

今後もこうした研修を継続して行くことが大事だと思います。

8月27日、宮崎観光ホテルにて県央ブロック防災研修会が開催されました。ブロック内の16施設、21名が参加しました。

 

8月14日に御盆供養を行いました。
投稿日:2014-08-22 施設名:長寿園ブログ

    

長寿園の仏壇です。             お供え物です。

 

宮司さんに来てもらい、祝詞奏上を行いました。

その後、利用者さん達で玉串奉奠を行いました。

 

なぜ、仏教の仏壇があって、神道の宮司さんが来ているのか?と

不思議に思う方がいると思います。

昔の長寿園には仏教徒が多くいたからなのか分かりませんが、

宗教が何であれ、ご先祖様や亡くなった方への供養する気持ちが

一番大切だと私は思います。

亡くなられた方々には、安らかにお休みになっていただきたい、と改めて思いました。

(SMSA)

追記~施設長に聞いた所、長寿園開設当初は仏教徒が多く、

お寺のお坊さんが来られていたのですが、

そのお坊さんが来る事が出来なくなり、

さらに利用者さんで神道の方が多くなった事から、

それ以降は宮司さんに来てもらっているとの事でした。

これで謎が解けました。

看護大生が実習に来ました。
投稿日:2014-08-22 施設名:長寿園ブログ

8月5日から7日までの3日間、県立看護大生4名が実習に来ました。

 

利用者とコミュニケーションをとって、看護に必要な情報を得たり、

長寿園の看護師から看護に関する指導を受けたり、と真剣に学ばれていました。

 

最終日には、実習生が利用者さんに余興を披露されていました。

簡単なマジックを披露したり、利用者さんと一緒に歌を歌ったりして

利用者さんの顔に笑みがこぼれていました。

 

3日間という短い期間でしたが、

利用者さんも実習生から若いパワーを貰ったのか、

笑顔で色々な話をされていました。

「実習生の皆さんへ」

もし、ご縁があれば、将来同じ職場で働く事があるかもしれません。

その時は、よろしくお願いします。

兎にも角にも、看護師を目指して、日々の勉学や実習を今後も頑張って下さい。

(SMSA)

書道
投稿日:2014-08-21 施設名:裕生園ブログ

書道(しょどう)とは、

書くこと文字の美を表そうとする

東洋の造形美術である。

 

 

 

 

 

・・・という堅苦しい前置きはさておき、裕生園では毎月恒例の書道が開催されました(^^)

作業を機能訓練に取り入れたもので、月に一度実施しています。

書道の他に硬筆・生花などを毎月実施しています。

作成された作品につきましては園内掲示板にて展示を行っています。

ご家族・ご友人の皆様、来園された際にはぜひご覧になってみてください(*^_^*)

このブログをご覧になられた

あ・な・た

熱中症にはくれぐれも注意してくださいね(゜o゜)     【108】

 

 

 

辰元グループ夏祭りフェスタ2014が開催されました
投稿日:2014-08-17 施設名:信愛会からのお知らせ

平成26年8月16日(土)、毎年恒例の「辰元グループ夏祭りフェスタ2014」が宮崎市高岡町の辰元病院駐車場で盛大に行われました。心配された雨も、開催直前に少しパラついただけで、終盤には星も出るぐらいに回復しました。

今年は、構内の道路を歩行者天国にして、お祭りに参加する皆さんが安心して会場内を行き来できるようにしました。去年までは、老健信愛ホームから辰元病院駐車場に渡る道路に横断歩道を特設して、警備係を配して対応していたのですが、それでも小さい子供さんたちが飛び出したりして、毎年事故の心配が絶えなかったのです。今年は警察や市に道路使用許可を申請して歩行者天国にしたので、私達主催者側としては心理的に大変負担が軽くなりました。また、参加された皆さんも心からお祭りを楽しめたのではないでしょうか。

本当にいろいろな方々の御協力により、大きな事故もなく、楽しいお祭りが出来ました。皆さんが快くご協力くださり、その熱意と誠意がお互いに響き合い、高め合って結集し、大変なエネルギーとなって結実しました。ありがたいことです。お祭りの熱気と勢いで後片付けもあっと言う間に終わってしまい、今日は平常時の姿に戻りました。

地元の消防団の皆さん、警察、消防署、自治公民館、飯田老人クラブ、天ヶ城保育園の園児と先生方、高岡中学校、出演されたボランティア団体の皆さん、芳生苑の施設長はじめ職員の皆さん、学生ボランティアの皆さん、協賛してくださったたくさんの業者そして個人の皆さん、まだまだたくさんの方々…本当に多くの方の御協力があって始めてこのようなお祭りが可能となりました。そして、お祭りの開催そのものももちろん大事なのですが、準備段階で様々な関係機関やいろいろな方々とお会いできることがとても意義あることだと思います。今後も、お互いに顔の見える関係を築き上げて地域の絆を深めて行きたいと思います。

皆さん、本当にありがとうございました。

毎年、夏祭り当日に地元の宮崎市消防団高岡分団第7部の皆さんに各施設の視察と花火の警戒に当たっていただいています

今年は宮崎県防災士ネットワークと大塚製薬の協賛で、水分補給のためのOS-1の無料配布コーナーもありました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地元の天ヶ城保育園の園児による元気いっぱいのエイサー

今年もビューティフルフラの皆さんが南国ムードいっぱいの踊りを披露してくれました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年は、構内を歩行者天国にしました。高岡警察署が歩行者専用の看板を貸してくれました

熱気ムンムンの会場の様子。利用者、その家族、地元の住民の皆さん、ボランティア、スタッフ…たくさんの人

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どこか中東の世界を思わせるような、エキゾチックなリーシュ・ベリーダンスカンパニーの皆さんの踊り

最後の締めは、今年も芳生太鼓の皆さん。魂に響く熱誠の演奏です。皆さん、本当にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高木兼寛という人がいた②
投稿日:2014-08-14 施設名:信愛会ブログ

(私たち社会福祉法人信愛会は宮崎市高岡町に位置していますが、ここ高岡出身で明治の日本の医学の進歩に多大な貢献をした人物がいました。高木兼寛(かねひろ)という人です。「ビタミンの父」と呼ばれていて、脚気(かっけ)の研究であの森鴎外と大論争を繰り広げた人です。)

 今年平成26年4月から、社会福祉法人信愛会は宮崎市高岡デイサービスセンターと宮崎市高岡老人福祉館「百寿荘」の指定管理を宮崎市から受託していますが、その高岡デイサービスセンター及び百寿荘のすぐ近くに高木兼寛生誕の地があります。

高岡デイサービスセンターの横を走る道路を数十メートル行くと、高木兼寛生誕の地があります

小高い山のすそに宮崎交通の高木兼寛生誕地入口のバス停

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 バス停近くには高木兼寛生誕地を示す立て看板があり、そこから小高い山を少し登っていくと、高木兼寛を記念した「穆園(ぼくえん)ひろば」があります。この穆園ひろばはもともと、古い穆佐(むかさ)城の跡を高木兼寛を記念する公園にするために整備したものだそうです。

古い穆佐(むかさ)城の趣きが残る石段を登ると…

穆佐(むかさ)城址に整備された穆園(ぼくえん)ひろば。敷地はあまり広くありませんが、地域の方々が定期的にお掃除されているそうです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 古い穆佐(むかさ)城の趣きが残る石段を登っていくと、穆園(ぼくえん)ひろばがあります。敷地はあまり広くはありませんが、高木兼寛の銅像があり、草木が手入れされていました。地域の方々や高木兼寛顕彰会のメンバーが定期的にお掃除されているそうです。

公園の入口には高木兼寛の業績を紹介した看板があり、軍医姿の肖像画が示されています

穆園ひろばにある高木兼寛の銅像。こちらはアカデミックドレス。高木兼寛は日本で最初に博士号を授与されたうちの一人

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このように、ここ高岡は高木兼寛の生誕地であり、彼を記念する公園もあるのですが、私自身は最近まであまり関心がありませんでした。

 しかし、ひとたび関心を持つと、いろいろな事がわかり、それが更に広く深く関心を呼び起こす、といったような感じです。

 これからも少しずつ高木兼寛にまつわる話を書いていこうと思います。     (アッサン)

 

レコード音楽♪
投稿日:2014-08-09 施設名:裕生園ブログ

8月6日に、裕生園にて余興が行なわれました。

宮崎のレコード愛好会の皆さんによる“レコード鑑賞”です!

もう最近ではあまり目にすることがないレコード。私は実際にレコードからの音楽を聴いたことがありませんでした(´・ω・`)

鑑賞会が始まり利用者様の顔を覗いてみると、懐かしさを感じているような表情が見えました( ‘∀’ )

中には「お小遣いをためて買ってたのよ」と笑顔で話をしている方も。

私たち職員も貴重な時間を頂きました☆また機会がありましたら、ぜひ鑑賞会をしていただきたいと思います!ボランティアの皆さん、ありがとうございました!┏〇 ペコ

これから夏の暑さもですが、台風にも十分気をつけないといけない時期になります。皆さん、くれぐれもご注意ください!  (麻)

1 / 11

アーカイブ

このページのトップへ