社会福祉法人 信愛会

現在位置:ホーム » 7月 2014

2014年7月年

児童福祉の父
投稿日:2014-07-31 施設名:裕生園ブログ

先日シーガイアにて九州の老人福祉施設の研究大会があったので参加してきました。たくさんの施設の研究発表を聞くことが出来て刺激を受け、実践してみたいことばかりあり、大変勉強になりました。

会場では九州各県から集まるとのことで宮崎の物産やお土産物もたくさん並べてあり、元祖おもてなし県の宮崎をPRしてしていました。

中でも私の目に留まったのが宮崎県の偉人「高木兼寛」と「石井十次」の紹介パネルでした。高木兼寛は言わずと知れた「ビタミンの父」、高岡町出身の東京慈恵会医科大学の創設者です。(詳しく知りたい方はこのブログの6月にアッサンが書いてあるのでそちらをご覧ください)

 

宮崎県民や福祉に携わったことのある方なら石井十次という名前は聞かれたこともあると思いますが、いったい何をした人かはあまり知られていません。実は岡山県で岡山孤児院を開設し、3000人の父となった人なのです。元々医師を目指していたのですが24歳の時に医学部を中退し、生涯を孤児救済に捧げようと決意されたそうです。私は十次と同じ高鍋町の出身なので小学生のころよく授業で「石井十次のうた」を歌っていました。

♪村の祭りの縄の帯 しめたる友をいたわりて 母の手織りのつむぎ帯 とりかえやりし少年の 十次の心のびてゆく♪

 

縄の帯を締めていじめられていた友達に、自分のつむぎの帯と交換した話を歌にしたものです。このあと十次は母親に叱られると思っていたのですが、逆に褒められたことで福祉の心が芽生えるきっかけになった・・・と学校の先生から教えてもらったことを覚えています。

私の福祉の原点はなんだったのだろう? そういえばあれかな?! 昔を思い出させてもらえた研修大会でもありました。

<310>

今年も夏祭りの季節となりました。
投稿日:2014-07-24 施設名:みんなのブログ, シャトルブログ

      

来月16日には、毎年恒例の辰元グループの夏祭りが開催されます。

シャトルでも、『地鶏』を販売し、皆様のお越しをお待ちしております。

(平成26年7月24日/投稿者 魔人デブー)

梅雨が明け、夏が訪れました
投稿日:2014-07-19 施設名:たちばなブログ

今年も例年より少し遅れながら無事に梅雨が明けました(-ω-;)

長く続いたジメジメとした日々から一転し、気温33度を超える暑さが夏の訪れを教えてくれた気がします(^^)ノ

日中は暑く、夜から朝方にかけて冷え込む時もあり体調を崩す方もみかけます…(>_<)わたしも風邪をひかないように十分気を付けたいと思います!!

 

 

さて、夏になりますと毎年恒例である「夏祭り」の季節でもあります^^ノ

今年は8月16日を開催予定とし(雨天時 翌日決行)、その夏祭りに向けて全グループ職員が協力して準備している真っ最中です(><)

昨年は来場者1,000名を超える方にお越しいただき、そんな大勢の方が集まるなかトラブルもなく無事に終えることが出来ました(-ω-;)今年も何事もなくたくさんの人に楽しんでいただければと思います(>_<) (まーさん)

昨年の夏祭り会場の様子

 

九社連老人福祉施設協議会職員研究大会が宮崎市で開かれました
投稿日:2014-07-18 施設名:信愛会からのお知らせ

平成26年7月17日、18日の二日間にわたって宮崎市のシーガイアコンベンションセンターで九社連(九州社会福祉協議会連合会)老人福祉施設協議会職員研究大会が開催されました。九州・沖縄各県から老人福祉施設・事業所の職員が約1600名集まり、日頃の実践、研究の成果を発表して研鑽を積み、また交流を深めました。この研究大会は毎年行われ、今年度は宮崎県が担当し来年度は鹿児島県の担当です。

1日目(7月17日)は全体会議で、全国老人福祉施設協議会事務局長による基調講演、厚生労働省老健局高齢者支援課による行政説明が行われ、宮崎出身のシェフ川越達也さんが記念講演を行いました。

宮崎市のシーガイアに九州・沖縄各県から約1600名が参加して研究大会が行われました

川越達也シェフによる記念講演。子供時代の思い出や料理にかけるこころざしを語られました。優しさと芯の強さを感じさせるさわやかな講演でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全体会議のあとは交流会が行われ、参加者の皆さんは宮崎のおいしい料理と楽しい余興に満足され、交流を深められているようでした。

交流会のステージ上でひょっとこ踊りの臨時講習会があり、たくさんの参加者が独特な踊りに挑戦し、大いに盛り上がりました

みやざきえれこっちゃ隊による若さあふれるよさこい演舞。このほかに勇壮な和太鼓の演奏やミニコンサートもありました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2日目(7月18日)は、9つの分科会に分かれて九州各県の施設・事業所が日頃の実践活動を踏まえての研究発表を行いました。9つの分科会は次の通りです。それぞれの分科会では8つの施設・事業所が発表を行いましたので、全部で72件の研究発表があったことになります。

第1研究部会 職員の幸福度向上に向けた施設戦略

第2研究部会 科学的介護の現状と課題

第3研究部会 在宅サービスに広がる可能性

第4研究部会 私たちにできる認知症ケア

第5研究部会 多職種協働における施設ケア

第6研究部会 地域包括ケアシステム・地域連携

第7研究部会 養護老人ホームの役割と課題

第8研究部会 経費老人ホーム・ケアハウスの役割と課題

第9研究部会 地域密着型サービスの役割と課題

科学的介護の現状と課題がテーマの第2研究部会の様子。データやグラフを豊富に使った発表が多かったです

 

 

 

 

こうして2日間にわたる研究大会は無事終了しました。天気に恵まれ、大きな事故もなく、実りある2日間でした。来年の鹿児島大会が今から楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宮崎の偉人の一人である“ビタミンの父”高木兼寛の業績を示す展示パネルの前で。一番右端が宮崎県老人福祉サービス協議会の黒木茂夫会長

宮崎が生んだ児童福祉の先覚者、石井十次の業績を示す展示パネル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20を超える介護関連業者による展示・販売ブースのコーナーもありました

 

 

 

今日は七夕でした。(^◇^)
投稿日:2014-07-07 施設名:長寿園ブログ

 

 

先月の終わり頃に七夕の飾り付けを行いました。

短冊にお願い事を書いて、笹の葉に吊るしました。

 

         

 

 

 

 

 

 

 

 

 

右上は1階の、左上は2階の七夕飾りです。

短冊のお願い事を覗いて見ると…

「いつまでも元気でいれますように」

「みんなで仲良く過ごしましょう」

などのお願い事がある一方、

「煙草の本数が減らせるように」

「お金が欲しい」など

切実なお願い事もありました(^-^)

 

         

 

 

 

 

 

 

 

 

上の写真は本日の昼食です。七夕の行事食で散らし寿司が出ました。

彩りが綺麗で食欲が刺激されたようで好評でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日のおやつの「星空ゼリー」です。

七夕をイメージしたもので、今日みたいに蒸し暑い日には

ひんやりと冷たいおやつはうってつけで、

こちらも「美味しい」と喜ばれていました。

(SMSA)

 

まだまだ梅雨は明ける気配がありません。

さらに台風が勢力を増して、宮崎に向かって来ています。

雨が降っても、台風がやって来ても、一日一日を大切に、

充実した時間を利用者の皆さんと共に過ごせる様に頑張ります。

 

追伸…施設職員の皆さん、施設の周りの物が飛んでいかない様に

台風対策をお互い頑張りましょう。

(今回の台風は数十年の一度の規模のようですから…)

ツバメの巣
投稿日:2014-07-05 施設名:裕生園ブログ

7月に入りましたが、梅雨の空模様はまだ続き、じめじめとした

日々が続きますね。

台風が発生し、日本列島に直撃する可能性があるとのこと。しばらくは天気予報を細かくチェックしないとですね・・・。

しかし、今日は晴れ模様で外を見渡すと「ツバメの巣」を発見しました!

写真ではひな鳥が2羽写ってますが、親鳥がちょくちょく餌を与えにきます。

その瞬間の写真を狙っていたのですが、警戒されて?なのか上手くいかなかったです。

『日本人の縁起とジンクス』(北嶋広敏著 PHP文庫 2007年)にはこういう題で紹介されております。

「ツバメは縁起のよい鳥、吉をもたらす鳥とされており、“ツバメが巣をかける家は栄える”などといわれている。とくに屋内や座敷などに巣を作るのは最高によいことだとされた。逆に、ツバメは不幸とか火災などが起こる家には入ってこないといわれる。」<略>

 

「縁起のよい」ものとは知りませんでした。何はともあれ癒しをいただきました。(ホース)

 

笹竹取りでの出来事
投稿日:2014-07-03 施設名:裕生園ブログ

 先日、七夕飾り用の笹竹取りに行ってきたときの話です。梅雨期間中、久々に晴天に恵まれたので今日しかないと思い裏山に向かいました。七夕飾り付けにちょうど良さそうな笹竹を2本取ってきたのですが、たどり着くまでに一度深みにはまり、足場の竹が折れそのまま快晴の空を仰いでしまいました。制服はクモの巣や草にまみれてしまい、起き上がるにも一時身動きができませんでした。その時に全く怪我をしなかったのが幸いでした。そして施設に戻り、職員と利用者により立派な七夕飾りが施されました。    ( ♨ )

天ヶ城保育園の園児たちが訪問してくれました
投稿日:2014-07-03 施設名:裕生園からのお知らせ

平成26年7月3日(木)、宮崎市高岡町の天ヶ城保育園の園児約30人が裕生園を訪問し、みんなで作った七夕飾りを入居者にプレゼントしてくれました。

その後は、元気いっぱいの声で歌をうたったり、盆踊りをしたり、最後は入居者ひとりひとりと手遊びをしてくれました。

入居者のみなさんは、かわいい園児たちの歌や踊りに大喜びで、「ワシたちにもあんげな時があったとよな」と目を細める人、涙を浮かべて見守る人、顔いっぱいに喜びの表情を表す人…

園児たちとの手遊びの時には、普段なかなか動かない手も自然と動きが良くなっているように見えました。

心もからだも元気にしてくれた園児の皆さん、本当にありがとうございました。また、遊びに来てくださいね。

最初のごあいさつでは、園児ひとりひとりが自分の名前と七夕の願い事を言ってくれました

元気いっぱい盆踊りをする園児たち。入居者のみなさんは新鮮な驚きで見ているようでした

園児と入居者が1対1で手遊びです。入居者は子供たちがかわいくてたまりません。

園児たちと一緒になって楽しい時間を過ごし、心とからだのリハビリになりました

 

平成25年度の財務諸表をアップしました
投稿日:2014-07-01 施設名:信愛会からのお知らせ

社会福祉法人信愛会の平成25年度の財務諸表(貸借対照表、資金収支計算書、事業活動収支計算書)を「情報開示」のページにアップしました。

画面上部の「情報開示」のタブをクリックしてください。

1 / 11

アーカイブ

このページのトップへ