社会福祉法人 信愛会

現在位置:ホーム » 11月 2013

2013年11月年

おやつバイキングを行いました♪
投稿日:2013-11-30 施設名:長寿園ブログ

今月14日におやつバイキングを行いました。普段は午後3時におやつ(1種類)が出るのですが、この日は、5種類のおやつの中から利用者が好きな物を選んで食べる、まさにバイキング形式でした。

おやつ① おはぎ        おやつ② フルーツポンチ

 

 

おやつ③ チョコレートケーキ  おやつ④ モンブランケーキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おやつ⑤ お好み焼き

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この日の一番人気はお好み焼きで、理由は開始直前からプレートで焼いた為で、「出来たてアツアツのお好み焼きがとても良かった。」と多くの利用者から好評の声が聞かれました。

 

たくさんの中から好きな物を選ぶのって迷いますけど、楽しいですよね。(SMS)

必死の消火訓練☆
投稿日:2013-11-29 施設名:裕生園ブログ

気がつけば今年もあと1カ月・・・、本格的に寒くなりました。

特に今日は風も冷たく、外へ出るのにも躊躇してしまいそう( ̄Д ̄;)

また寒い時期になると、火事のニュースがよく目に入ります。人事だと思っていると、大変です・・・( ̄ー ̄;

と、いうことで今日は“消火訓練”が行なわれました。

主に消火器と、各施設に備えつけてある消火用散水栓の使い方を指導して頂きました。

一通り説明を受け、実際に火の消火を体験。

消火器を使い、燃え上がる火に向かって・・・消火!!勢いもあり、見た目とは違って力が必要です。

消火器の種類も2種類あり、水消火器もありました。

目につく所に設置はされているんですが、なかなかじっくりと見ることがない為勉強になりました。

また消火散水栓も体験しましたが、これもまた勢いが・・・(; ̄ー ̄A

とても寒い中での訓練でしたが、とても良い体験となりました。

これでいつ火事になっても・・・ではなく、日頃から火事を未然に防ぐことがもっとも大切ですよね!

皆さんも火の取り扱いには、十分にお気をつけください。(*´∇`*)    (麻)

 

 

☆裕生園お食事紹介☆
投稿日:2013-11-27 施設名:裕生園ブログ

気が付けば秋ももう少しで終わってしまいますが、この時期ならではの旬の食材等を活かし裕生園では今日の昼食にて『お寿司』を提供させていただきました。

えび、マグロ、サーモン、ホタテ(貝柱)、たまご巻、いなり寿司…と合計6種類ものお寿司をご用意したところ、利用者様の方々には大変好評でした!!

お食事の形態も2種類ご用意いたしまして、普通食とミキサー食です。

 

     (普通食)         (ミキサー食)

利用者様の方々に喜んで食べていただいたのでお食事を提供した職員も嬉しかった事と思います!!

 

「裕生園だより」第40号(H25年11月号)をアップしました
投稿日:2013-11-27 施設名:裕生園からのお知らせ

「裕生園だより」第40号(H25年11月号)をアップしました。日頃の利用者さんたちの様子や高岡小学校6年生による訪問のことなどが掲載されています。

←左の欄の「裕生園だより」をクリックしてください。

県央ブロック介護アカデミーが行われました

平成25年11月22日(金)、宮崎観光ホテルにおいて宮崎県老サ協県央ブロックの第2回介護アカデミーが開催されました。

これは、県央ブロック(宮崎市、日南市、串間市、国富町、綾町)の特別養護老人ホーム等が日頃の施設での介護の取り組みを事例研究として発表することで、お互いに研鑚を積み、介護力の向上につなげていくとともに、施設間の交流を深めていくという目的で、昨年度から始まったものです。

今年度は8施設から発表の申し出があり、レベルの高い研修会となりました。発表内容は次の通りです。

・「デイサービスから学ぶショートステイ改革」くろしおの里

・「医療ニーズのある利用者の最期の場所として特別養護老人ホームに何ができるか」悠楽園

・「利用者様・ご家族が満足できる施設を目指して」裕生園

・「刻み食ゼロを目指して」住之江

・「まんまる笑顔(^-^)」昭寿園

・「看護と介護の連携による個々の状況に応じた口腔ケア」しらふじ

・「今が一番幸せこのまま皇寿園で過ごしたい」皇寿園

・「やすらぎの里 鮎物語」やすらぎの里

いずれも甲乙つけがたい内容で、斬新な着眼点、科学的なプロセス、利用者の望みをどうにかしてかなえてあげたいという職員の熱意、そのための試行錯誤、動画や音声を取り入れた臨場感あるプレゼンテーション… 改めて、介護といういとなみの奥の深さ、幅の広さを認識させられた大会でした。

最後に今年度の“大賞”が宮崎県老サ協会長で県央ブロック幹事長の黒木茂夫氏より発表され、看護と介護の連携によってしっかりした口腔ケアの取り組みを科学的に確立していく過程を発表した特別養護老人ホーム「しらふじ」が見事受賞されました。

 

各施設の発表に熱心に聞き入る参加者たち

 

 

 

 

 

 

 

総評を行う黒木茂夫県老サ協会長

 

 

 

 

 

 

 

医療と介護の連携による口腔ケアの取り組みを発表した特別養護老人ホーム「しらふじ」が今年度の大賞を受賞しました

 

 

 

 

 

 

 

 

参加者全員による記念撮影
(写真はすべて特別養護老人ホーム「やすらぎの里」さんの提供です。ありがとうございまいした)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平成25年11月号
投稿日:2013-11-26 施設名:25年度裕生園だより

平成25年11月号

宮崎市立高岡小学校6年生70名が裕生園を訪問しました
投稿日:2013-11-21 施設名:裕生園からのお知らせ

平成25年11月21日(木)、午前9時過ぎから約2時間、宮崎市立高岡小学校6年生約70名の生徒さんたちが裕生園を訪問してくれました。もう10年以上も続いている訪問で、裕生園の居室の窓拭きや入居者の方達とのふれあいタイム、最後は全員によるリコーダー演奏と「ふるさと」の合唱を披露してくれました。孫のような年代の生徒さん達の訪問を入居者の皆さんは大変喜ばれ、「元気をもらいました」と感謝されていました。高岡小学校の6年生の皆さん、本当にありがとうございました。

まず裕生園の職員から全体的な説明がありました。施設の概要や介護保険のことなど

 

 

 

 

 

車イスの特徴や注意事項の説明がありました

 

 

 

 

 

それぞれ担当の居室に分かれて窓ガラスの拭き掃除をしてくれました

 

 

 

 

 

 

掃除のあとは利用者さんとのふれあいタイムです。紙芝居をしたり…

 

 

 

 

 

 

楽器の演奏をしてくれた班もありました

 

 

 

 

列になって握手をしてお別れです。また来てくださいね

苦情解決報告(H24年度)
投稿日:2013-11-19 施設名:苦情解決
番号 受付日 施設・事業所名 苦情の内容 対応
1 H24.7.18 裕生園 園内で発生した骨折事故に関して、利用者の家族から「最初の説明と話が違う」と苦情があった。 お互いの勘違いや早合点の為、コミュニケーションがうまく行っていないと思われたため、懇切丁寧な説明に努めた。利用者の入院中は、ほとんど毎日のようにお見舞いに行き、そこでも家族への丁寧な説明を心掛けた。退院時に家族は園に戻ることを躊躇されたため、家族の意向に沿った施設をこちら側も一緒に探すことを申し入れた。その後、家族は園に戻ることを決心され、利用者本人が帰園された。骨折事故そのものに関しては、原因が特定できなかったが、トイレ介助中の体のねじれの可能性があるため、園内研修を行い、介護事故のリスクについて周知徹底を図った。
2 H25.2.13 裕生園訪問介護ステーション ヘルパーAがサービスに入った時、自分が出来ないことを頼んだのに、「自分で出来ることは自分でしない(しなさい)」と言われた。言い方にも腹が立った。 サービス担当者会議で本人がこの件で苦情を言われたため、ケアマネジャーがヘルパー交代は出来ると話をし、今後ヘルパーAを外すことにした。また、サービス提供責任者が利用者に謝罪した。ヘルパーAに対し、サービス提供責任者が面談を行い、利用者への関わり方、言葉使い、態度、自立支援サービスのあり方、促し方等を指導した。ヘルパー会議で全ヘルパーにも同じ指導を行った。
遠足に行って来ました。
投稿日:2013-11-14 施設名:みんなのブログ, シャトルブログ

10月30日に、シャトルご利用者様と地域の方々との遠足に、都農神社・都農ワイナリー・都農の道の駅と行って来ました。

都農神社では、境内を歩くのは高齢者の方々には、いい運動になったようですが、残念ながらシャトルのご利用者の方は車の中で待機される方が多かったようです。

また、道の駅やワイナリーでは、皆様、買い物を楽しんでおられたようです。

なにはともあれ、ケガ人や体調を崩される方もなく、無事に遠足が終わり、ホッとしています。

今一番の悩みは、来年は・・・? 鬼に笑われてしまいますが・・・。

(平成25年11月14日/投稿者 健康診断が怖い魔人デブー)

バスの乗り方講習がありました
投稿日:2013-11-08 施設名:裕生園ブログ

皆さん、最近バスに乗ってますか?

先日、宮崎交通のバス職員さん達が飯田地区公民館にバスの乗車講習に見えました。

飯田地区の住民の方々が大勢集まって、説明を受けていました。

宮崎交通のバスの職員さん達が飯田地区公民館に講習に来てくれました。公民館前に本物のバスが停まっています。

辰元グループも飯田地区にありますので、私も講習会に行って来ました。

バスのこと、わかっているつもりでしたが、改めて説明を聞いてみると

いろいろ知らないことがありました。

まず、『バスカ』というものを初めて実際に見ました。

名前は聞いたことはあったのですが…

使い方を見ると、すごく便利ですね。

バスカというカードをバスに乗る時、降りる時に

装置にかざすだけなので、

いちいち小銭を財布から出さなくて済むから、

荷物がたくさんある時などは助かります。

それから、乗車口からスロープが出て来て、車いすのまま

バスに乗ることができるのですね。

これも初めて見ました。

確かに、バスの車体に車いすマークが付いているのを見たことはありますが、

それが、スロープで車いすのまま乗車できる意味だとは知りませんでした。

バスの車体についた車いすマークは、スロープが出て来て車いすのまま乗車できるということ

乗車口の階段の所からスロープを取り出して、車いすのままバスに乗車できます。
スロープを取り出すのは運転手さんが行います。

本当にいろいろ勉強になりました。

宮崎交通の職員さんがおっしゃるには、

いろいろ便利なサービスがあるので、

特に年配の方はもっと利用して社会参加の機会を増やすことで、

心身ともに元気さを保つことができます、

ということでした。

 

バスの便利さ、楽しさを改めて認識したイベントでした。  (アッサン)

 

 

たまには外でのお食事を(-ω-`。)
投稿日:2013-11-03 施設名:裕生園ブログ

秋になったと思えば、気が付けばもうすぐ冬がやってきますね。毎年ながらこの年末にかけての時期はあっ

という間に時間が過ぎてしまいますので今年の抱負や目標などをもう一度振り返り、やり残しの無いように

過ごしていきたいですね(-.- ;)

朝は肌寒く、昼はまだまだ日差しが強く暑いので体調管理には気を付けたいと思います。これから風邪や

インフルエンザが流行してきますのでみなさんも十分お気を付けください(><)

 

先日、裕生園ではご利用者様と一緒に外食へ行ってきました。

今回は高岡にある「ラーメン屋さん」へお邪魔したのですが・・・。

お昼のピークと重なった事もありほぼ満席でした(@@ ;)

しかしながら、車イスを押して通る時に「先にどうぞ」と譲ってもらったり、みんなで座れるようにと

わざわざ席を移動して頂いたりと地元の方の温かさに触れたような気がします。゚(゚ノω`゚)゚。

ご利用者様もラーメンが好きな方が多く、今か今かと待っていらっしゃいました(>< ;)

 

 

(何にしようか悩むなぁ・・・)  (うー・・・うまぃ!!)

 

 

 

 

次回もご利用者様の食べたいものや行きたい所などを情報を集め、外出・外食に行きたいと思います。

(まーさん)

 

 

地震を想定した総合防災訓練を行いました
投稿日:2013-11-01 施設名:信愛会からのお知らせ

平成25年10月31日(木)、特養裕生園、ケアハウスシャトル、グループホームたちばな合同の総合防災訓練を行いました。

火災を想定した訓練はこれまでも繰り返し行って来ましたが、地震を想定した訓練は昨年から取り組むようになりました。

深夜に震度6の大規模な地震が発生、停電となり、電話も不通、居室の一部が損壊、利用者に負傷者が出た、という想定のもとに、夜勤者4名がどのように初動対応をすべきか、をマニュアルを使って訓練しました。

実地に訓練をすることでいろいろな問題点が浮かび上がってきます。それを今後どうやって一つ一つクリアして行くかが大事になります。今回も、例えば、トランシーバーがあったら良い、とか、備蓄品までの動線をもっと考慮すべき、とか反省点が出ましたので、一つ一つ解決して行きたいと思います。

負傷した利用者役を担架で運ぶ。ヘッドライトは両手が使えるので便利です。

 

 

 

 

 

 

 

 

対策本部となった介護職員室のホワイトボードに記録して行く

 

夜勤者間で情報を交換・共有

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に反省会を行い、今後に向けて問題点を明らかにしました

 

 

 

1 / 11

アーカイブ

このページのトップへ