社会福祉法人 信愛会

現在位置:ホーム » 信愛会からのお知らせ »

信愛会からのお知らせ

辰元グループ夏祭り「フェスタ2019」が行われました

令和元年8月10日(土)、辰元病院前駐車場をメイン会場に、恒例の辰元グループ夏祭り「フェスタ2019」が行われました。

雨が心配されていましたが、幸いに開会中は一滴も降ることなく、月さえ出ていました。

祭りの最大の功労者はお天気だったと言いたいほどです。

大きな事故やケガもなく、無事終えることができました。

本部の救護班からの報告では、子供さん2、3人のかすり傷があったとのことでした。

6月半ばくらいから少しずつ準備を始め、委員会や打合せを重ね、地元の住民の方々への協力依頼、関係機関への各種申請、ボランティア団体との連絡、本番前の設営、そして翌日の後片付けなど、本当に多くの人たち、団体の協力があって始めて可能となった夏祭りでした。

特に職員スタッフは、毎年毎年の経験からノウハウが蓄積され、特に誰かの指示がなくても、各人がその場その時の機転で適切な判断をしてくれています。

各人が夏祭りの全体像を把握していて、個々のケースが全体に対してどういった位置関係にあるのか、見当がつくからでしょう。

これは、私たちの強みであり、ひとたび大規模災害などに遭遇した場合には、きっと適切で迅速な判断のもと各自が動いてくれるのではないか、と思います。

 

飯田自治公民館長をはじめ地元の皆さん、飯田地区の消防団の皆さん、警察・消防当局、ボランティア団体の皆さん、専門学校や高校の学生さんたち、天ヶ城保育園の園児と先生方、高岡中学校、協賛金をくださった多くの業者の皆さん、そして、最後までマナーを守ってくださった来場者の皆さん、本当にありがとうございました。

来年、またお会いしましょう!

今年の司会の二人です。裕生園のI君と辰元病院のYさん

飯田地区自治公民館、さんさんクラブ、宮崎市消防団高岡分団第7部に対して、災害時協力金の受け渡しが辰元理事長より行われました

お客さん達がだんだん集まって来ました。写真下部の道路は歩行者天国になっています

トップバッターは今年も天ヶ城保育園児による元気いっぱいのエイサーです

お父さんお母さん、おじいちゃんおばあちゃんのすぐ目の前で息の合った演技でした

バスケットや輪投げ、ヨーヨーのこどもコーナー。リピーターもありました

こどもコーナーでは綿菓子のプレゼントもありました

毎年飲み物コーナーにボランティアに来て下さる島田ご夫妻。ありがとうございます

プロの味の地鶏の焼き鳥。長い行列ができました

焼きそばコーナーも行列ができました。400食完売です

夜もだんだん更けてきました。雨雲が心配でしたが、幸いに雨は一滴も降りませんでした

ビューティフルフラの皆さんによるフラダンス。ゆったりとしたハワイアンの音楽が流れ、何とも言えない、酩酊気分が会場を包みました

宮崎市の芳生苑の施設長率いる芳生太鼓の皆さんによる力強い演奏。観客の近くでの演奏だったので、大変迫力がありました

月の下での勇壮な太鼓の演奏

太鼓の演奏に聞き入る観客の皆さん。ご家族と一緒に最後まで鑑賞されたご利用者もたくさんいらっしゃいました

最後に花火が2か所から打ち上げられました。色も鮮やかで、テンポもよく、おなかいっぱい堪能しました

 

 

 

いよいよ明日夏祭り!
投稿日:2019-08-09 施設名:信愛会からのお知らせ, 信愛会ブログ

明日、令和元年8月10日(土)は、恒例の辰元グループ夏祭り「フェスタ2019」です。

心配された天候も、なんとか持ちこたえてくれそうです。

飯田地区グラウンドの特設駐車場の整備も終わり、ナナホールのバザー会場もお客さんを待つのみです。

さて、明日はどんな出会いが、また懐かしい再会があるでしょうか。

利用者さん方、ご家族、地域のみなさんにとって思い出に残る楽しい夏祭りとなりますように…

駐車場として整備した飯田地区グラウンドを上空から撮影するためにドローンを飛行させました

飯田地区グラウンドの上空100mぐらいの高さから撮影した写真。駐車スペースを区切るためのテープがかすかに見えます

バザー会場のナナホールの様子。明日は買い物客で大変混雑します

洗剤などの日用品がとても安いので、あっと言う間に売り切れになります

夏祭りメイン会場を上空から撮影しました。地上ではみんなで汗をかきかき設営したのですが、上空から見ると、何の変哲もない並びですね

裕生園、シャトル、たちばな合同の運動会が行われました

令和元年5月11日(土)、恒例の裕生園、シャトル、たちばな合同の運動会が辰元グループ敷地内のナナホールで行われました。

3施設のご利用者とそのご家族、地元の飯田地区さんさんクラブの皆さん、有料老人ホーム宮崎しんあいの入居者の皆さん、高岡地区民生委員の皆さん、信愛会役員の皆さんも参加され、職員を含めると総勢約250名の大運動会となりました。

この日は好天に恵まれ、館内は最初はそれほど暑くなかったのですが、段々皆さんの熱気で少し汗ばむくらいになりました。

みなさん、熱心に競技され、こちらが少し心配になるほど熱の入る方もいらっしゃいましたが、最後までケガをする人もなく、楽しい時間を過ごすことができました。

ホールは笑いと歓声にあふれ、身も心もリフレッシュできた2時間でした。

裕生園、シャトル、たちばな合同の運動会がナナホールで行われました

各施設の代表者による選手宣誓。101歳の方もいらっしゃいます

日頃練習してきた運動会の歌をみんなで歌いました

真剣な表情で大物を狙います

来賓の方々も競技に参加されました

さぁ、ストライクを目指して!

ケアハウスシャトルの皆さんも楽しまれました

お手玉入れ競争。一応、円の外から投げることになっているのですが…

段々距離が近くなってダンクシュートみたいになりました

パン食い競争では皆さんの目の色が違っていました

「人工衛星」という名のボール送り競争は、タッチの差で赤団が勝ちました

平成30年度の苦情解決報告をアップしました
投稿日:2019-04-05 施設名:信愛会からのお知らせ

平成30年度の苦情解決報告をアップしました。

上部にある「苦情解決について」のタブをクリックしてください。

 

 

裕生園ご利用者の中薗氏が旭日単光章を受章されました

平成31年3月12日(火)、裕生園の副理事長室において、戸敷宮崎市長から裕生園ご利用者の中薗伊三郎氏に旭日単光章が伝達されました。
この旭日単光章は、町村議会議員の職にあって顕著な功績を挙げた方に対して国から授けられる勲章で、中薗氏は旧高岡町で長年町議会議員を務められました。
この日、戸敷宮崎市長が裕生園に来訪され、中薗氏に直接賞状と勲章を手渡されました。奥様のモリ様もこの栄えある授章式に同席されました。
市長からのお祝いの言葉に対し、今年89歳を迎えられる中薗氏は車イスから身を乗り出すようにして、大変丁寧なお礼の挨拶をされました。
授章式のあとは、市長と中薗氏ご夫妻、中薗氏妹籾田氏、施設職員でしばらく歓談しました。
中薗氏は時折、冗談を言ったりして場を和ませていました。
数年前まで信愛会の理事もされていて、当時から話術の巧みな中薗氏でしたが、この日もその一面を垣間見せてくださいました。
本当に栄えある受章、おめでとうございます。

戸敷宮崎市長が中薗氏に旭日単光章の賞状と勲章を伝達されました(副理事長室にて)

中薗伊三郎氏、モリ氏ご夫妻。中薗氏の胸には勲章、奥様は賞状を手にされています

旭日単光章の勲章です

前列左から戸敷宮崎市長、中薗伊三郎氏、奥様モリ氏
後列左から辰元副理事長、中薗氏妹籾田氏、川越、中岩、柏田の施設職員

地域住民との合同防災訓練を行いました
投稿日:2019-03-04 施設名:信愛会からのお知らせ

平成31年2月27日(水)、辰元グループ敷地内にあるナナホールで、地元飯田地区の住民の方々と合同の防災訓練を行いました。

これは、宮崎市社会福祉協議会の呼び掛けに信愛会が応じたもので、辰元グループと飯田地区との合同の防災訓練としては初めてのものでした。

この日の参加者は、飯田地区の住民の方々、地元消防団、宮崎市社協、辰元グループ事業所のスタッフ、そして近隣の施設からも見学がありました。

最初に宮崎市北消防署職員による防災講話があり、その後、班に分かれて簡易トイレや段ボール製の間仕切りを協同して作りました。

スタッフによる各種防災グッズの説明のあと、管理栄養士による非常食に関する説明があり、実際に非常食を調理して全員で試食しました。

約3時間の防災訓練でしたが、避難場所としてのナナホールを知ってもらい、辰元グループにどんな防災グッズがあり、どんな職員がいるのかを知ってもらう良い機会となりました。

今回参加されたのは飯田地区のほんの一部の方々なので、これからもこうした合同防災訓練を重ねて、お互いに顔の見える、信頼される関係を築いていきたいと思います。それが、防災・減災の土台になっていくのだと思います。

ナナホールに集まって来た方たちの受け付けを行いました

ガムテープの上に名前とアレルギー、持病等を書いて胸に付けました

班に分かれて簡易トイレ作成

段ボール製の間仕切りセットを組み立てました

辰元グループが準備している各種防災グッズの説明

水やお湯だけで調理できる非常食を実際に作ってみました

水やお湯だけでできた各種ご飯を食べ比べてみました

思った以上においしかったです

こうして防災訓練が終了しました。今後も定期的な合同防災訓練を求める意見が出ました

ご利用者への面会制限を解除しました

インフルエンザ対策の一環として1月11日からご利用者へのご面会を制限させていただいておりましたが、平成31年3月4日(月)をもちまして制限を解除いたしました。

宮崎市内及び近隣町村のインフルエンザ流行の数値が警報レベルを下回りましたので、制限を解除いたしました。

大変長期にわたり、多くの方々にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

とりわけ、裕生園におきましては、上記の対策にもかかわらずインフルエンザウィルスの侵入を防ぐことができず、感染が拡大し、多くのご利用者に心身ともにご負担をお掛けしたこと、またご家族を始め関係機関の皆様にご心配、ご迷惑をお掛けしたことを心からお詫び申し上げます。

1月末には感染も終息しまして、現在は通常の施設活動に戻っております。

2月に職員会議を開き、また、全職員を対象にアンケート調査も行って、今回の感染拡大の原因と今後の対策を話し合いました。

今回の経験から学び、感染症予防および感染拡大対策をしっかり行って参りたいと思います。

ご面会制限は解除となりましたが、まだまだインフルエンザを始めとして感染症のシーズンは終わっていません。

今後も感染症予防とウィルス侵入時の初動に注意を怠らずに対応して参ります。

入居者様へのご面会制限のお願い

インフルエンザの流行期に入りました。

1月11日現在、長期入居の方でインフルエンザに罹患されている方はおられませんが、

職員やその家族、一時的なショートステイ利用の方などにインフルエンザの罹患者が発生しました。

今後、流行がピークを迎えることを考慮しまして、

大変恐縮ではございますが、1月11日(金)より入居者様へのご面会をご遠慮下さいますようお願い致します。

市内の状況が警報レベルを下回った時点で、ご面会を再開いたします。

ご理解、ご協力をお願いいたします。

なお、利用料のお支払、その他の事務手続き等は事務所受付けで引き続き行っております。

施設長の人事異動がありました
投稿日:2019-01-06 施設名:信愛会からのお知らせ

平成31年1月1日付で人事異動がありました。

施設・事業所名

特別養護老人ホーム裕生園 施設長

中岩 哲也

川越 淳

ケアハウスシャトル 施設長

川越 淳

中岩 哲也

グループホームたちばな 代表

川越 淳

中岩 哲也

裕生園訪問介護ステーション 代表

中岩 哲也

柏田 沙代

 

 

 

 

 

 

 

前任施設では大変お世話になりました。深く感謝申し上げます。

新任施設でも、もとより微力ではございますが、精一杯努めてまいりますのでどうぞよろしくお願い致します。

 

 

 

 

平成31年 明けましておめでとうございます
投稿日:2019-01-01 施設名:信愛会からのお知らせ, 信愛会ブログ

平成31年(2019年)明けましておめでとうございます。
昨年は大変お世話になり、感謝申し上げます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
今年が皆様にとって素晴らしい年でありますよう
心からお祈り申し上げます。

平成31年元日の辰元グループです。今年の元日は穏やかな晴天に恵まれました。今年もどうぞよろしくお願い申し上げます

今年が皆様にとって素晴らしい年でありますように

年末の風景
投稿日:2018-12-29 施設名:信愛会からのお知らせ, 信愛会ブログ

平成30年、2018年もあとわずかとなりました。

信愛会の各施設・事業所でもお正月を迎える準備が進んでいます。

シャトルでは12月27日に餅つきをしました

90過ぎてもまだまだお元気

見事な手さばきでお餅をひっくり返します

裕生園の玄関に門松が立ちました

裕生園の玄関ホールに飾られたお正月用の生け花

シャトルの玄関にはしめ縄が飾られました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

暖冬で、年末の感じがなかなかしませんでしたが、餅つきをしてしめ縄や門松を準備すると、さすがに気持ちがお正月モードになってきますね。
いよいよ平成最後のお正月です。
今年一年、本当にありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願い致します。
来年が皆様にとって素晴らしい一年でありますように。

地元の方たちと神社周辺の整備をしました
投稿日:2018-12-18 施設名:信愛会からのお知らせ, 信愛会ブログ

平成30年12月16日(日)、グループホームたちばな横にある地元の小神社の周辺の整備を住民の方たちと一緒に行いました。

神社へのスロープ沿いに土手があり、斜面が崩れかかっていたのですが、業者に依頼してコンクリートブロックで壁を作り、その内側に土を入れて直方体にし、表面に砂利を敷いて平らなスペースが出来上がりました。

11月半ばに工事が始まり、ちょうど1か月後のこの日、最後の仕上げに地元の方たちと砂利を敷いて完成となりました。

文字通りの奉仕作業で、みなさん気持ちのいい汗をかいて帰って行かれました。

11月19日、工事期間中の無事を祈って神事が行われました

工事前の様子。スロープ沿いの土手が草に覆われ、モルタルも崩れかかっている。上の建物はたちばな

鉄筋を入れた頑丈なブロック壁が立ち上がり、内側に土をいれて直方体になりました

12月16日、地元の方たちが最後の仕上げに奉仕活動をされました

たちばな利用者のMさんも利用者を代表して参加されました

きれいに砂利を敷いて工事が完成しました。神社周辺も整備されました

作業終了後、参加者で記念撮影しました

 

1 / 1312345...10...最後 »

アーカイブ

このページのトップへ