社会福祉法人 信愛会

現在位置:ホーム » みんなのブログ » 裕生園ブログ »

裕生園ブログ

感染症対策とICT化が進んだ一年でした
投稿日:2020-12-30 施設名:裕生園ブログ

令和2年12月30日(水)、今年もわずかに2日を残すところとなりました。
令和2年、2020年はどんな年として記憶されていくでしょうか。
最近は天変地異が頻発し、何が起きても驚かないようになってきましたが、
それでも今年はとりわけ異常な年だったと記憶されるでしょう。
大病をした人が、その前後で体質が変わってしまうことがあるそうですが、
私たちの社会も、世界も、このコロナの前後で質的な変化があるでしょうね。

介護の分野でも感染症対策とICT化が一気に進んだ一年でした。
コロナ禍の中で人と会うことが難しくなり、ICT化を進めざるを得ませんでした。
そして、ひとたび新システムを導入してみると、単に便利というだけでなく、
仕事のやり方、仕事をやる土台が変わってくることに気づきます。

例えば、裕生園では今年、インカムを導入しました。
介護ロボット導入支援事業費補助制度を活用したものです。
毎朝、ミーティングを行っていますが、以前はミーティングに参加したスタッフが
それぞれの持ち場に戻ってその内容を伝達していたのですが、
インカム導入後は、ミーティング中もインカムを通して
その内容を同時に職員に伝えることにしたのです。
それにより、伝達のために集まることも必要なくなり、
中継時に内容が間違って伝達される恐れもなくなり、タイムラグもなくなりました。
特に事故報告やヒヤリハット報告などは、タイムラグがあること自体がリスクだったのですが、
1回の報告で、同じ内容が同時にすみずみまで伝達されるようになりました。

また、広い空間で遠い距離で業務上の会話をしなければならない場合は、
どうしても大声となり、内容的にも大まかな話になっていたのですが、
インカムを通すことで大声を出す必要がなくなり、細かい内容でも相手に確実に届きます。
伝達内容の質が向上し、それはひいてはサービスの質につながって行くでしょう。

令和2年、2020年は、大変な年でしたが、新しい可能性を感じさせる年でもありました。
来年こそはコロナが収まり、新しい可能性がより大きくふくらむ年でありますように願っています。
今年一年ありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。

防護服の着脱の訓練をしています。ウイルスは目に見えないので細心の注意が必要です

簡易テント式陰圧機を購入。コロナウイルスの感染拡大防止対策補助事業を活用したものです

インカムを導入しました。これは介護ロボット導入支援事業費補助金を使ったものです

サンタとトナカイが餅つきをしました(裕生園)
投稿日:2020-12-25 施設名:裕生園からのお知らせ, 裕生園ブログ

令和2年12月25日(金)、クリスマスの日、裕生園では餅つきをしました。

例年、この時期には、ボランティアグループの方々による余興や

地元の老人クラブの皆さんをお招きしてクリスマス会をするのですが、

今年は新型コロナウイルス感染防止のため、施設職員だけで余興をしました。

あまり大人数にならず、時間も短めにするために、クリスマスと餅つきが合体し、

サンタとトナカイが餅つきをするという前代未聞の事態となりました。

利用者さん達は、初めは違和感があったようですが、

威勢よく餅つきが始まると、楽しそうに「よいしょ!」と
掛け声を掛けていました。

今年は2月くらいから新型コロナウイルス感染症が流行し、

とうとう年末まで収束が見られませんでした。

来年こそはコロナ禍が明け、

みなさんと一緒に「コロナ禍が明けましておめでとうございます」と

あいさつを交わせるようになるといいですね。

クリスマスの日、サンタとトナカイが餅つきをしました。コロナのために行事縮小に協力してくれました


若い男子職員も餅をつきました。若さでコロナをやっつけてーっ!


サンタからのプレゼントににっこり


プレゼントの中身は何でしょう。さっきついた餅ではなさそう…


久しぶりの大きな笑顔で、来年は良い年になりそうですね!

HAPPY HALLOWEEN(裕生園)
投稿日:2020-10-30 施設名:裕生園ブログ

いつの間にか秋も深まってきました。
通勤中に見える、色鮮やかなコスモスは
朝から元気を分けてくれます。

゛新型コロナにまけるな”
゛みんなでのりこえよう”

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私事ですが、入職し、2年3ヶ月が経ちました。

利用者様の生活に寄り添い、過行く日々の中で
~食を通じて、できることがあるのでは~
と考え、企画した“おやつづくり”。
去年の12月から取り組みはじめて、もうすぐ1年経ちます。
利用者様をはじめ、たくさんの方々からお力添えをいただき、
今では、月1回の行事になってきたことを、とても嬉しく、有難く思います。

おやつづくりをはじめた頃

令和2年10月

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明日はHALLOWEEN
ということで、今日は職員も仮装をしてみました♪


 

 

 

 

 

 

 

 

~お昼の清掃・消毒作業中~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これからも皆様との毎日を楽しく過ごしていきたいと思います。【おこめ】

秋桜
投稿日:2020-10-01 施設名:裕生園ブログ

秋の気配を感じる季節となってきましたがいかがお過ごしでしょうか。

9月25日に壁紙作りを行いました。秋らしく紅葉と秋桜をイメージしながら利用者の皆様は職員と一緒に楽しく作業されていました。季節に合わせて利用者様と壁紙を作り上げていくと皆様達成感もあり凄く喜ばれていました。

PYON

ペーパークラフトで作ってみました

利用者様と一緒に作成中


出来上がりました(≧▽≦)♪


敬老会のお祝いのお花と記念品

投稿日:2020-09-03 施設名:裕生園ブログ

皆様こんにちは!新型コロナウイルス感染拡大防止の為、施設では外出等が出来ず、例年行われている夏祭りも中止となり、8月7日に花火を打ち上げ、ご利用者様と一緒に花火を見物しました。ご利用者様も「綺麗だね~」と言われ楽しまれていました。施設内では、利用者の皆様が少しでも楽しめるようにと感染防止に努めながら綿菓子作りを行い、笑顔で綿菓子を頬張る姿がたくさん見られ、「懐かしい」「おいしい」との声が聞かれました。          ☆れおん☆

利用者さん達の大きな歓声が上がりました

おいしそうな綿菓子がたくさんできました!

おいしいねぇ(^^♪

大きくて口に入らんねえ( ゚Д゚)

6月1日は、赤シソちぎりを行いました!

コロナウイルスの影響の中、行事や余興を控え面会も出来ない状態が続いてますね。

宮崎では、ここの所、新規の感染者は出ていませんが、私たちの施設ではまだ、ご家族との面会は制限されています。

面会制限が解除されるまでは、ガラス越しにしか顔を合わせる事が出来ない状況です。

大変申し訳ありませんが、もうしばらくお待ちください。

さて、話は変わるのですが、6月1日は、赤シソちぎりを行いました。

毎日、機能訓練を行っていますが、シソちぎりというはっきりとした目的で久しぶりに体を動かす作業のせいか、物凄く早いスピードで作業をされるので、びっくりしました。

真剣に、かつ楽しく作業をされている姿は、写真でもおわかりの通りで、みなさんとても良い笑顔でした。

ちぎったシソは、栄養士や調理職員が赤しそジュースにして、みんなで飲みました。私も頂いたのですが、甘酸っぱい爽やかな味付けで飲みやすく、くせも臭みもなかったので美味しかったです。

美味しかった事もあり、普段水分補給をして下さらない利用者様も赤しそジュースだと飲まれていましたね。

こういった作業があると利用者様もいきいきとされ、楽しい時間を過ごされるので、また機会があるといいですね。<or>

初夏
投稿日:2020-05-21 施設名:裕生園ブログ

5月1日には八十八夜、暦の上では5月5日は立夏と、日々の生活の中でも初夏を感じるような暑さや、梅雨ではないかなと思うようなムシムシするような事が多くなってきました。皆様はいかがお過ごしでしょうか。新型コロナウイルスの影響で、不要不急の外出の自粛で何かと不便を感じている方も多いと思います。私は、大掃除ではなく、小掃除を休みの時にやっているところです。

施設では、ご利用者様に季節を感じる事が出来るようにと、4月には花祭り、5月には野点の行事を行いました。中々、この状況で外に出られる事が少なく、施設でのお誕生会では行事食として、こいのぼり型の押し寿司を提供したところ、笑顔でお寿司を食べていらっしゃいました。その笑顔で、私達職員も元気を頂いて頑張っている毎日です。

  A☆3104

 

コロナに負けるな!
投稿日:2020-04-10 施設名:裕生園ブログ

令和2年4月10日(金)。
特別養護老人ホーム裕生園の遊歩道に、きのう、鯉のぼりが上がりました。
青い空をバックに、鯉たちが元気よく泳いでいます。
気持ちのよい、さわやかな風が吹き抜けて行きます。

 

ふと我に返ると、私達はまだコロナ禍の中。
この気持ちいい風がコロナを吹き飛ばしてくれますように!
施設も最近は日中ほとんど窓を開けて、換気につとめています。
館内の清掃消毒も職員一斉に取り組んでいます。

気持ちのいいさわやかな風を受けて鯉のぼりたちが元気よく泳いでいます。早く元通りの日常に戻りたいですね

カップパフェ作りをしました(裕生園)
投稿日:2019-12-27 施設名:裕生園からのお知らせ, 裕生園ブログ

令和元年12月19日(木)、クリスマスが近づくこの日、裕生園の利用者さん達はカップパフェ作りに挑戦しました。

食材はカステラ、いちご、フルーツ、生クリーム、あずき、プッチンプリンです。

いちごと生クリームでサンタを作り、カステラを一口大に切ってカップの底に並べておきます。

フルーツも食べやすい大きさに切ってカップに入れます。

カステラとフルーツの入ったカップにいちごのサンタを乗せて出来上がり!

かわいいカップパフェをみんなでおいしくいただきました。

 

裕生園のことぶきホールにて

カップにカステラやフルーツを入れています

いちごのサンタをのせて出来上がりです!

もうすぐクリスマスのこの時期にぴったりのカップパフェでした

食べるのがもったいないですね

高岡小学校6年生が慰問に来てくれました(裕生園)
投稿日:2019-11-25 施設名:裕生園からのお知らせ, 裕生園ブログ

令和元年11月25日(月)、宮崎市立高岡小学校の6年生児童60数名が特別養護老人ホーム裕生園に慰問に来てくれました。
毎年この時期、高岡小学校の6年生が学校から歩いて裕生園を訪問し、窓ガラスのふき掃除や利用者さんとのふれあい活動、そして合唱や器楽演奏をしてくれます。
10数年前からずっと継続している活動で、利用者さん達も楽しみにしています。
まず、裕生園のホールで全体会があり、施設職員から施設の概要や介護保険制度の簡単な説明がありました。
次に車いすの構造と使い方の説明があり、その後、実際に車いすに乗ってみる体験コーナーがありました。
全体会のあとは、あらかじめ自分の担当が決められた居室に入り、ガラス窓のふき掃除をしたり、廊下の手すりの消毒をしました。
その後は利用者さん達とのふれあい活動です。
一緒に折り紙をしたり、絵本の読み聞かせ、似顔絵を描いたりして過ごしました。
最後に、ホールに集合した利用者さん達を前に、生徒全員で合唱やリコーダー演奏を披露してくれました。
2時間ほどの訪問でしたが、高岡小学校の6年生の皆さんにとっても、初めて経験することもあったでしょう。
この経験がこれからの皆さんの成長の中で有意義なものになるよう願っています。
高岡小学校の6年生の皆さん、今日は本当にありがとうございました。

高岡小学校6年生60数名が裕生園を訪問してくれました

まずホールで全体会があり、車いすの構造や使い方の説明がありました

車いす体験コーナー。いろいろな種類の車いすに実際に乗って体験しました

自分の担当の居室のガラス窓の拭き掃除をしてくれました

廊下の手すりの消毒

利用者さん達とのふれあい活動です。これはじゃんけんをしている所でしょう

折り紙を一緒に折っています

どんなお話が聞けましたか?

最後に再びホールに集まり、利用者さん達の前で歌やリコーダー演奏を披露してくれました


その日のうちに高岡小学校6年生からの裕生園利用者さんや職員への手紙が届けられました。車いす体験で学んだことや利用者さん達とのふれあいで楽しかったことなどが書かれていました

天ヶ城保育園の園児たちが七夕慰問に来てくれました(裕生園)
投稿日:2019-07-16 施設名:裕生園からのお知らせ, 裕生園ブログ

令和元年7月3日(水)、宮崎市高岡町内の天ヶ城(あまがじょう)保育園の園児約40名が、七夕慰問で裕生園に来てくれました。

枝いっぱいに短冊や飾りのついた大きな笹をプレゼントしてくれました。

楽しい歌やダンスの披露のあとは、ご利用者一人ひとりと向き合って指遊びや肩たたきをしてくれました。

ご利用者の皆さんは、久しぶりに孫やひ孫のようなかわいい子供たちと触れ合うことができて、

中には感激のあまり涙を流すご利用者もいらっしゃいました。

高齢で体の固くなったご利用者の間を、柔軟に流れるように移動していく子供たちの様子は、

私たち職員にとっても、何か不思議なものを見ているかのような新鮮な驚きがありました。

本当にありがとうございました。

来月は恒例の夏祭りで天ヶ城保育園の園児たちがまた元気いっぱいの演技を披露してくれることになっています。

利用者さんたちも今から楽しみにしています。

宮崎市高岡町の天ヶ城保育園の園児たちから七夕飾りのプレゼントがありました

裕生園のホールで園児たちが楽しい歌やダンスを披露してくれました

ご利用者一人ひとりと指遊びや肩たたきをしてくれました。感激のあまり涙を流すご利用者もいらっしゃいました

最後は利用者全員と順番に握手をしてお別れしました

 

 

お茶会が行われました(裕生園)
投稿日:2019-05-08 施設名:裕生園からのお知らせ, 裕生園ブログ

令和元年5月8日(水)、裕生園ことぶきホールにてお茶会が行われました。

舞台を設け、赤い傘を立てて、野点のような雰囲気を作りました。

花びんには野の花、館内スピーカーから琴の音色が流れていました。

着物を着た職員もいて、いつもと違う“非日常”の時間を皆さん楽しまれたのではないでしょうか。

今週末は合同運動会が予定されています。

心も体もリフレッシュ週間です。

裕生園とシャトルのご利用者が裕生園ことぶきホールに集合しました

舞台の上でお茶を点てる辰元副理事長。館内には琴の音色が流れています

たくさんのご利用者のため、こちらでも急ピッチでお茶を点てています

甘すぎず、苦すぎず。気持ちが落ち着く味でした

いつもと違う着物の職員にご利用者も笑顔です

こうして今年のお茶会を皆さん楽しまれました

1 / 1412345...10...最後 »

アーカイブ

このページのトップへ