社会福祉法人 信愛会

現在位置:ホーム » みんなのブログ » 裕生園ブログ » バスの乗り方講習がありました

バスの乗り方講習がありました

皆さん、最近バスに乗ってますか?

先日、宮崎交通のバス職員さん達が飯田地区公民館にバスの乗車講習に見えました。

飯田地区の住民の方々が大勢集まって、説明を受けていました。

宮崎交通のバスの職員さん達が飯田地区公民館に講習に来てくれました。公民館前に本物のバスが停まっています。

辰元グループも飯田地区にありますので、私も講習会に行って来ました。

バスのこと、わかっているつもりでしたが、改めて説明を聞いてみると

いろいろ知らないことがありました。

まず、『バスカ』というものを初めて実際に見ました。

名前は聞いたことはあったのですが…

使い方を見ると、すごく便利ですね。

バスカというカードをバスに乗る時、降りる時に

装置にかざすだけなので、

いちいち小銭を財布から出さなくて済むから、

荷物がたくさんある時などは助かります。

それから、乗車口からスロープが出て来て、車いすのまま

バスに乗ることができるのですね。

これも初めて見ました。

確かに、バスの車体に車いすマークが付いているのを見たことはありますが、

それが、スロープで車いすのまま乗車できる意味だとは知りませんでした。

バスの車体についた車いすマークは、スロープが出て来て車いすのまま乗車できるということ

乗車口の階段の所からスロープを取り出して、車いすのままバスに乗車できます。
スロープを取り出すのは運転手さんが行います。

本当にいろいろ勉強になりました。

宮崎交通の職員さんがおっしゃるには、

いろいろ便利なサービスがあるので、

特に年配の方はもっと利用して社会参加の機会を増やすことで、

心身ともに元気さを保つことができます、

ということでした。

 

バスの便利さ、楽しさを改めて認識したイベントでした。  (アッサン)

 

 

このページのトップへ