社会福祉法人 信愛会

現在位置:ホーム » みんなのブログ » 先日、シャトル利用者の方を宮崎医大の受診に連れて行った時の事です。

先日、シャトル利用者の方を宮崎医大の受診に連れて行った時の事です。

 宮崎医大での待ち時間中の出来事なのですが、

 待合室というかホールのところで待っていると、

恐らくは看護師と思われるスタッフの方が、『ご気分の悪い方はいらっしゃいませんか。』と声を出して病院内を廻っておられました。ほんの些細な声掛けなのですが、すごくいい事だなあと思いました。

どうしても医大などの大きな病院になればなるほど、患者さんも多く、診察だけでなく、色々な検査等もあり、必然的に待ち時間が長くなるのは仕方のない事なのですが、患者として病院に来ている以上、体調が悪いから来ているわけで、長い待ち時間中に体調を崩す事だってあるはずです。

そこへの配慮でのスタッフによる『ご気分の悪い方はいらっしゃいませんか。』の声掛けはいい事だと思う反面、そう言えば、今まで僕は、こういう事をしている病院に行った事がなかったし、ありそうでないサービスというか心配りだなあ。と感じました。少し大袈裟だけど、待ち時間の苦痛が少し和らぐ気がしました。

 ほん少しの気づきや気配りだけど、なかなか思いつかない事ができる。そんな施設になれればいいなあ。と思います。

このページのトップへ