社会福祉法人 信愛会

現在位置:ホーム » ケアハウスシャトルからのお知らせ » リフト機器の研修を行いました(裕生園、シャトル)

リフト機器の研修を行いました(裕生園、シャトル)

令和3年12月1日(水)、特別養護老人ホーム裕生園とケアハウスシャトルは、午後7時から約1時間、リフト機器導入の意義や使い方の研修を行いました。

ケアハウスシャトル新館の食堂ホールで行いました。

既に裕生園でリフト機器の導入をしていましたが、コロナのため、きちんとした使い方講習を開催できないでいました。

この日、業者の方が講師となり、リフト導入の意義や使い方、留意点等の説明があったあと、2班に分かれて、講師の指導のもと、実際に職員が使ってみました。

細かな点が不明のまま使用していたところもあって、今回の講習で、改めて気づいた所も多々ありました。

また、久しぶりの実地研修で、職員の研修への姿勢も大変積極的だったように思います。

リフト機器が定着して行けば、職員の腰痛予防にもなり、ひいては人材確保・人材定着にも好影響が出てくるものと思われます。

現場と福祉機器業界との情報のやり取りが盛んになって、相乗効果で、より良い介護、より良い機器につながって行くことを期待します。

業者の方による説明。リフト機器を導入する意義や機器の特徴、使い方等を説明されました

実際にリフトを使用しながらの説明

車イス上の利用者に吊り下げ用のシートを装着する練習

職員も実際に乗ってみて、利用者の立場から体験してみました

裕生園お問い合わせ

裕生園ご案内

信愛会の施設・事業所ご案内

ケアハウスシャトルお問い合わせ

ケアハウスシャトルご案内

信愛会の施設・事業所ご案内

このページのトップへ