社会福祉法人 信愛会

現在位置:ホーム » 裕生園からのお知らせ » 高岡小学校6年生が慰問に来てくれました(裕生園)

高岡小学校6年生が慰問に来てくれました(裕生園)

令和元年11月25日(月)、宮崎市立高岡小学校の6年生児童60数名が特別養護老人ホーム裕生園に慰問に来てくれました。
毎年この時期、高岡小学校の6年生が学校から歩いて裕生園を訪問し、窓ガラスのふき掃除や利用者さんとのふれあい活動、そして合唱や器楽演奏をしてくれます。
10数年前からずっと継続している活動で、利用者さん達も楽しみにしています。
まず、裕生園のホールで全体会があり、施設職員から施設の概要や介護保険制度の簡単な説明がありました。
次に車いすの構造と使い方の説明があり、その後、実際に車いすに乗ってみる体験コーナーがありました。
全体会のあとは、あらかじめ自分の担当が決められた居室に入り、ガラス窓のふき掃除をしたり、廊下の手すりの消毒をしました。
その後は利用者さん達とのふれあい活動です。
一緒に折り紙をしたり、絵本の読み聞かせ、似顔絵を描いたりして過ごしました。
最後に、ホールに集合した利用者さん達を前に、生徒全員で合唱やリコーダー演奏を披露してくれました。
2時間ほどの訪問でしたが、高岡小学校の6年生の皆さんにとっても、初めて経験することもあったでしょう。
この経験がこれからの皆さんの成長の中で有意義なものになるよう願っています。
高岡小学校の6年生の皆さん、今日は本当にありがとうございました。

高岡小学校6年生60数名が裕生園を訪問してくれました

まずホールで全体会があり、車いすの構造や使い方の説明がありました

車いす体験コーナー。いろいろな種類の車いすに実際に乗って体験しました

自分の担当の居室のガラス窓の拭き掃除をしてくれました

廊下の手すりの消毒

利用者さん達とのふれあい活動です。これはじゃんけんをしている所でしょう

折り紙を一緒に折っています

どんなお話が聞けましたか?

最後に再びホールに集まり、利用者さん達の前で歌やリコーダー演奏を披露してくれました


その日のうちに高岡小学校6年生からの裕生園利用者さんや職員への手紙が届けられました。車いす体験で学んだことや利用者さん達とのふれあいで楽しかったことなどが書かれていました

裕生園お問い合わせ

裕生園ご案内

信愛会の施設・事業所ご案内

このページのトップへ