社会福祉法人 信愛会

現在位置:ホーム » たちばなからのお知らせ » 感染症対策研修を行いました(たちばな)

感染症対策研修を行いました(たちばな)

平成30年11月26日(月)、グループームたちばなでは11月の定例会を行い、その中で、感染症対策研修として嘔吐物処理のシミュレーション研修を行いました。

11月も終わりに近づき、インフルエンザやノロウィルスに警戒すべき時期になって来ました。

そこで、嘔吐物処理のシミュレーション研修を行って、嘔吐があった場合の処理の仕方を確認しました。

初動に失敗してノロウィルスが蔓延した苦い経験があります。

それ以来、毎年このようにしてシミュレーション研修をして、手袋、ガウン、次亜塩素酸ナトリウム液等の使い方の手順を確認するようにしています。

定例研修会で嘔吐物処理のシミュレーション研修を行いました

次亜塩素酸ナトリウム液を含んだ布を嘔吐物にゆっくりかぶせるシーン

交替しながら練習しました

グループホームたちばなお問い合わせ

グループホームたちばな案内

信愛会の施設・事業所ご案内

このページのトップへ