社会福祉法人 信愛会

現在位置:ホーム » ケアハウスシャトルからのお知らせ » 地域交流遠足を行いました(シャトル)

地域交流遠足を行いました(シャトル)

平成28年10月28日(金)、ケアハウスシャトルでは毎年恒例の地域交流遠足を行いました。これは、シャトルが毎年行っているもので、地元の飯田地区の老人クラブの皆さんとシャトルの利用者さんとの合同の遠足会です。
今年は宮崎市内のこどものくにや青島方面へ行って来ました。
こどものくにはご利用者や飯田地区の皆さんにとってもおそらく懐かしいところでしょうから、という理由で選定したのでしたが、この日はあいにくの雨。傘をさしての散策は大変でした。
こどものくにを予定より早めに出て、海岸沿いのレストランに昼食に行きました。
青い空と青い海の絶景を期待していたのですが、海はどんよりと灰色に沈んでいました。
料理はとてもおいしかったです。バイキング方式で、みなさん何度もおかわりをされていました。
おなか一杯になり、気を取り直して、最後の目的地の青島の熱帯植物園に向かいました。
公園内を進んで行くと、ガラス張りの大きな建物が見えてきました。今年3月にリニューアルオープンしたということです。
しかし着いてみると、何か設備の不具合で、現在休館中ということがわかりました。
雨の中を、わざわざバスから降りて歩いて来たのに休館中とは…つくづくこの日はついていませんでした。
こうして私達は高岡に戻ってきたのですが、帰り着くころ青空が見えてきました。あと半日ずれていれば…と空を恨めしく思いました。
今年の遠足は、おそらく別の意味で記憶に残って行く遠足になったのでは、と思います。

飯田地区の老人クラブのみなさんに対しても大変申し訳ない気持ちです。

今年はこういう風になりましたが、地域交流は継続こそが大事だと思います。来年、素晴らしい遠足を期待しましょう。

こどものくにに到着です。週日でしかも雨だからでしょうか、私達の他にはほとんどお客さんはいませんでした

こどものくにのローズガーデンにて。あたり一帯に甘い香りがしていました。いろんな種類のバラが咲いていました

堀切峠を少し過ぎたところにある海岸沿いのレストラン。バイキング式でとてもおいしかったです

 

晴れていれば、青い空と海が見えて素晴らしい景色だったでしょう。私達のほかにも団体客が来ていました

海と反対側は小高い山が迫っていて、南国らしくバナナの木が群生していました

 

 

 

 

 

 

 

 

青島熱帯植物園に来てみると、設備の故障で休館中でした。残念…

植物園の公園内のきれいな花の前で。大変な遠足でしたが、みなさん笑顔で撮影に応じてくれました

 

 

 

 

 

 

 

 

植物園のすぐ近くが海で、青島も見えました。この場所からみなさん青島を拝んでいました。このあと、バスは高岡に向かい、今年の遠足が終わったのでした

 

ケアハウスシャトルお問い合わせ

ケアハウスシャトルご案内

信愛会の施設・事業所ご案内

このページのトップへ