社会福祉法人 信愛会

現在位置:ホーム » たちばなからのお知らせ » 保育園児たちが太鼓の演奏を披露してくれました(シャトル、たちばな)

保育園児たちが太鼓の演奏を披露してくれました(シャトル、たちばな)

平成28年7月6日(水)、宮崎市富吉にある社会福祉法人宮崎福祉会の富吉保育園の園児18名が、ケアハウスシャトル新館ホールで太鼓の演奏や歌の披露、利用者さん達の肩たたきなど触れ合い交流をしてくれました。

この日は梅雨が明けたかのような真夏の一日。ケアハウスシャトルのホールでは、富吉保育園の年長さん園児18名の元気のいい姿を見て、集まったシャトルとたちばなの利用者さん達はとても大喜びでした。園児たちが入場する前から、感激して涙があふれている利用者さんもいました。

子供たちの柔らかい自由自在の身のこなし、躍動、豊かな表情など、超高齢の利用者さん達にとってはまるで奇跡のように見えるのでしょう。みなさん、驚きの混じった表情で子供たちの演技を見ていました。

最後に利用者さん一人一人と触れ合い交流があり、園児たちは肩たたきなどをしてくれました。お別れの際には、園児たちが作ってくれたプレートのプレゼントもありました。

富吉保育園のみなさん、本当にありがとうございました。また、是非遊びに来てくださいね。

富吉保育園の園児18名が訪問してくれました

太鼓の後は躍動感あふれるリズム体操

 

元気一杯の子供達の演技を熱心に見ています

利用者一人一人と手遊びしてくれました

 

 

 

 

 

 

 

二人の園児が相手をしてくれて大喜びです

 

 

肩たたきしてもらってすごく嬉しいです

 

最後に園児たちからのプレゼントもありました

 

 

 

 

 

 

 

 

こまかな紙を貼って作られた作品。砂浜のスイカとカニですね

こちらは鮮やかなヒマワリの花。ありがとうございました

 

 

 

 

ケアハウスシャトルお問い合わせ

ケアハウスシャトルご案内

信愛会の施設・事業所ご案内

グループホームたちばなお問い合わせ

グループホームたちばな案内

信愛会の施設・事業所ご案内

このページのトップへ